妊娠中の歯科治療

HOME > なんばwiki歯ディア > 妊娠中の歯科治療

妊娠中、歯周病は放置してはいけません

歯周病は妊婦さんにも、胎児にも悪影響を与えかねません

妊娠中の女性はホルモン環境の変化、唾液の分泌低下、つわり時の歯磨きが困難であることなどが起因して、歯周病が進行しやすい状態になっている可能性があります。

そもそも歯周病とは、細菌感染によって歯を支えている骨が溶けてしまい、最終的には歯が抜けてしまう恐ろしい病気です。

そのため、妊婦さん自身の歯が危険にさらされることはもちろん、なんとお腹の中の赤ちゃんにも危険が及ぶ可能性があります。

歯周病がひどいと早産、低体重児出産の危険性が7.5倍に!?

前項で述べたように、歯周病はお腹の赤ちゃんにも悪影響を及ぼす可能性があります。

歯周病菌や歯周病菌が産出する物質が、歯茎の毛細血管から子宮まで移動してしまった場合、子宮が収縮することにつながり、早産や低体重出産のリスクが上がると言われています

そのリスクは、歯周病ではない人と比べると、7.5倍も上昇するというデータもあります(※1)。

早産・低体重児出産に対する歯周病の危険率

※1) 近年、さまざまな歯周病の全身への関与がわかってきました。これは歯周病による炎症が血流を介して全身に波及するために起こるとされていますが、なかでも妊娠している女性が歯周病に罹患している場合、低体重児および早産のリスクが高くなることが指摘されております。そのリスクは実に7倍にものぼるといわれ、タバコやアルコール、高齢出産などよりもはるかに高い数字なのです。歯周病は治療可能なだけでなく、予防も十分可能な疾患です。生まれてくる元気な赤ちゃんのために、確実な歯周病予防を行いましょう。

歯周病をさらに加速させてしまう物

日頃の歯磨きが不十分で、お口の中の清掃が行き届いていない場合はもちろんですが、喫煙、アルコール摂取なども歯周病を悪化させてしまう原因となります

まず、タバコの煙には約200種類もの有害物質が含まれており、吸い込むことで歯茎や粘膜に吸収され、血管を収縮、歯茎の血流量を減少させてしまいます。

血液の循環が悪くなった歯茎は、歯周病菌にとって繁殖しやすい環境だと言えます。

また、アルコールを過剰に摂取してしまうと、血行が良くなり、歯肉の炎症を悪化させてしまうことにつながります。

歯周病の悪化だけに限らず、そもそもタバコやアルコールは胎児の発育に影響を及ぼすリスクがあるので、妊娠中は我慢しましょう。

健康な赤ちゃんを出産するためにも

歯周病はご自身の歯だけに留まらず、お腹の中の赤ちゃんにまで悪影響を及ぼす可能性もある恐ろしい病気です。 妊婦の方は、タバコやアルコールの摂取を控えて頂くこと、歯磨きは正しいやり方で行うことを日頃から徹底していただければリスク軽減に繋がります。

ただし、歯周病は別名「静かな病気」とも呼ばれており、自覚することが難しく、静かに進行してしまうこともあります。 そのため、歯周病が悪化しているかは決してご自身で判断なさらずに、定期的に歯科医師に診てもらうことをおすすめします。

また、実際に歯茎が赤く腫れていたり、歯磨きの際に出血するなど、自覚症状がある方は、歯周病が進行している可能性があるため特に注意が必要です。

歯周病予防で気をつけなければならないポイントをご紹介しています。

妊娠中の歯科治療Q&A

Q.妊娠中はいつでも歯の治療を受けても良いのでしょうか?
A.基本的には、つわりがおさまる4〜5ヶ月頃に検診を受け、体調が安定する妊娠中期頃に治療を済ませることをおすすめします。
Q.歯科のレントゲンで被爆して胎児に影響することはない?
A.影響はないと考えていただいて良いです。 歯科で使用するレントゲンで発生する放射線量は、日常生活で1年間に浴びる自然放射線量と比べて微量です。また、歯科用X線撮影は照射部位が子宮から離れているので、お腹の中の赤ちゃんにはほぼ影響がないと考えられています。さらに当院では防護エプロンを使用し腹部を遮蔽するため、安心して検査を受けていただけます。
Q.麻酔をしても大丈夫?
A.歯科治療に使う麻酔は局所麻酔であり、通常量であればお腹の中の赤ちゃんに影響はありません。もしも麻酔をせずに治療を行ってしまうと、ご自身へが痛みを感じることはもちろん、お腹の赤ちゃんにまでストレスが影響しかねません。安定期であれば使用したほうが良いでしょう。
Q.お薬は飲まないほうがいい?
A.まずは「痛み止め」や「化膿止め」などは基本的には内服しない方向で考えますが、薬を使わないことで母体に悪影響があると判断した場合は必要最小限で処方します。当院では必要性に応じて、危険性の低い鎮痛薬(アセトアミノフェン)を選択し処方いたします。
Q.妊活中なのですが、お口の中で気をつけることはありますか?
A.妊娠前には歯科検診を受けておき、むし歯や親知らず、歯周病の治療が必要であれば済ませておきましょう。特に歯周病は、早産・低体重児出産のリスクになりかねないので、必ず診てもらいましょう。
この記事の編集・責任者は歯科医師の右下です。
DR右下
タグ: , ,

妊娠中の歯科治療 | 公開日: 2022/01/14 | 更新日: 2022/01/14 | by なんばアップル歯科

このページの関連記事

なんばアップル歯科

  • 〒542-0075 大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。
曜日
診療開始 11:00 11:00 9:30 11:00 11:00 9:30
診療終了 20:00 20:00 13:00 20:00 20:00 17:00

※ただいま新型コロナウイルス対策の一環として、平日月曜日と木曜日のみ延長診療を20:30(最終予約20:00)まで行なっております。(2022年1月より診療時間が変更します)

診療情報

休診日:日曜・祝日

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関のご利用が便利です
  • 南海なんば駅 から徒歩1分。南出口から東へ50m、信号渡って左手のビルの5階。
  • 地下鉄御堂筋線なんば駅 E9番出口から南へ徒歩1分
  • 近鉄大阪難波駅 から徒歩10分
  • 大阪シティバスなんばバス停 から徒歩5分

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

大阪市中央区 難波周辺で歯科をお探しなら

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

大阪市北区 梅田周辺で歯科をお探しなら

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

兵庫県 尼崎市周辺で歯科をお探しなら

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

兵庫県 神戸市 中央区周辺で歯科をお探しなら

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

兵庫県 明石市周辺で歯科をお探しなら

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科
  • 明石市大久保町高丘3-3-1
  • TEL078-935-4182

兵庫県 加古川市周辺で歯科をお探しなら

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科
  • 兵庫県加古川市平岡町土山909-33
  • TEL078-942-4185

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top