歯医者のデジタル化で可能なこと3つ

HOME > なんばwiki歯ディア > 歯医者のデジタル化で可能なこと3つ

歯科治療もアナログからデジタルへ

デジタルデンティストリー

近年急速に進んでいるあらゆるもののデジタル化。IoTやDXといった単語も仕事や私生活に関係なく聞くようになりましたが、歯医者での治療もデジタル化が進んでおり、少しずつ一般的な歯科医院にも導入されつつあります。このようなデジタルでの歯科治療のことを「デジタルデンティストリー(Digital Dentistry)」と呼びます。

これまで大変とされてきた治療や検査も、少ない負担で受けられるようになったり、アナログでは気づけなかった新たな発見ができるようにもなりました。

今回はデジタルデンティストリーで可能な治療方法を3つ、ご紹介いたします。

image

デジタルデンティストリーでできること

できることその1

デジタルで歯型をとる

銀歯を作ったり差し歯を作ったりする時に、柔らかい粘土のような「印象材」を口の中に入れる必要がありました。異物を口に含むと嘔吐反射を起こしてしまう患者様もおられるため、治療を進めるのが難しい場合もありました。

歯を新しく作るためには必須の工程でしたが、現在ではデジタル技術の進歩によって、印象材を使わなくても詰め物・被せ物などが作れるようになりました。

カメラを使った歯型の3D化や、光学スキャナーを使った歯型採取は異物感も少ないため、嘔吐反射がある患者様でも少ない負担で歯型を採取することができます。

image

デジタルで歯型を取った症例

Process

image
image
image
image
治療の内容 嘔吐反射があり、左上の前歯が色と形が気になられる患者様へのデジタルデンティストリー
治療方法 小型カメラで口の中を撮影し、画像データをもとに3D模型を作成。印象材を使わずにジルコニアの被せ物を作成し装着しました。印象材を一度も使うことなく、嘔吐反射を起こさずに治療することができました。
期間・回数 5回(カウンセリング含む)
費用 自由診療:ジルコニアクラウン1歯 総額 165,000円(税込)
リスク・副作用
  • 撮影画像の状態により、再度撮影が必要になる場合があります。
  • 歯の状態により、印象材を使用しなければならない場合があります。
  • 撮影による身体へのリスク・副作用はありません。

できることその2

治療結果を先読みできる

見た目に関わるような被せ物で治療することになったら、つけた後どのような見た目・形になるのか、治療する前に分かったら安心ですよね。

デジタル化した歯型を使って装着後の見た目を患者様に判断していただくことで、理解・納得したうえで治療することができます。

image

症例1:歯の長さが先読みできた例

image
image

左上の前歯の被せ物の歯の長さが短いので気になるという要望で来院された患者様です。
デジタルで撮影した3D画像内で、反対側の右上の歯と同じ長さに合わせてお見せして確認いただいたうえで、被せ物を新しく作り変えることができました。

症例2:インプラントと歯並びの審美性の先読みができた例

image
image

左上の前歯が抜けてしまい来院され、他の前歯もすきっ歯が気になるためまとめて治したいという要望の患者様です。
抜けてしまった左上の歯はインプラント治療を想定して、他の前歯を被せ物で綺麗に整えたらどうなるかを治療前に見ていただくことができました。

症例3:歯の形・審美性が先読みできた例

image
image

前歯に被せ物での治療が必要な患者様でしたが、歯の形にこだわりを持っておられました。少しスリムな形の被せ物と、メリハリのある角張った形の被せ物の2種類を治療前にご提案させていただき、角張った形で治療することになりました。

見た目に関わる歯の形を治療前に確認することができるので、不安や疑問を解決してから治療に臨むことができます。

できることその3

デジタルで矯正治療のビフォーアフターが見られる

矯正治療といえば、費用も高額になりやすく治療期間も長くなるというイメージがありますが、治療後の歯並びや形をあらかじめ見ることができず、治療前に満足のいく結果になるかどうかは不明瞭な部分もありました。

近年はデジタル技術とマウスピース矯正の技術が高まったことと、この2つの技術が合わさることで、矯正治療をする前から矯正後の歯並びを確認することができるようになりました。どんな歯並びになるかを提示したうえで、結果にご納得いただけてから治療を開始することができ、思う通りにならなかったなどの後悔や失敗を未然に防ぐことができます。

image

歯科治療から不安や疑問を取り除きます

どんな口元になるのか想像できない・・・結果がわからないまま闇雲に治療が進んでいる・・・というような不安は、デジタルデンティストリーで改善することができます。事前に結果を知ってから治療ができる・嘔吐反射などの症状があっても精巧な被せ物が適用できる・審美治療を事前に検討してから行える等、様々な治療シーンで活用できます。

デジタルでの治療は過去普及し始めた頃に比べて格段に精度が高まっており、従来の印象材を使う型取りとデジタルでの撮影は同等の精度を有するという研究結果もあり、精度の面でも安心して治療を受けることができるようになってきています。(※1)

治療に対して不安がある患者様や、どのように治療が進むのかを知ってから治療に臨みたい患者様がおられましたら、この技術の発展を、ぜひご自身のお口の中で体感してみてはいかがでしょうか。

image

※1参考文献 Digital impression techniques can be regarded as a clinical alternative to conventional impressions for fixed dental restorations.(デジタル印象法は、固定式歯科修復物の従来の印象の臨床的代替手段と見なすことができます。)

この記事の編集・責任者は歯科医師の林大智です。
DR林
タグ: , ,

歯医者のデジタル化で可能なこと3つ | 公開日: 2021/09/10 | 更新日: 2021/09/13 | by なんばアップル歯科

このページの関連記事

なんばアップル歯科

  • 〒542-0075 大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

※ただいま新型コロナウイルス対策の一環として、平日木曜日のみ延長診療を20:30(最終予約20:00)まで行なっております。

診療情報

休診日:日曜・祝日

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関のご利用が便利です
  • 南海なんば駅 から徒歩1分。南出口から東へ50m、信号渡って左手のビルの5階。
  • 地下鉄御堂筋線なんば駅 E9番出口から南へ徒歩1分
  • 近鉄大阪難波駅 から徒歩10分
  • 大阪シティバスなんばバス停 から徒歩5分

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科
  • 明石市大久保町高丘3-3-1
  • TEL078-935-4182

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科
  • 兵庫県加古川市平岡町土山909-33
  • TEL078-942-4185

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top