歯列矯正

HOME > 自由診療 > 歯列矯正

歯列矯正について

歯並びの治療

歯列矯正とは

歯列矯正とは、歯並びの不正を治す治療です。歯並びの不正とは見た目の問題や、咬み合わせの問題で、これらを解決する目的として行う治療です。

一般的には歯列矯正は「ワイヤー」や「マウスピース」などの矯正力を用いて、歯を少しずつ移動させて正しい咬み合わせの位置に揃える治療です。

当院で特に重要視しているのはこの「咬み合わせ」で、見た目だけではなく上下左右の歯がしっかり噛み合い、機能的・予防的な観点からも正しい位置に歯列を整えることを目的としています。

なぜ歯列矯正が必要なの?

歯列矯正の目的は前述したとおり「見た目の改善」と「咬み合わせの改善」が挙げられます。

見た目の改善
ガタガタ歯並びや出っ歯・受け口など、ご本人のコンプレックスとなるような歯並びを改善します。コンプレックスは精神的な健康を阻害することもあるため、単に「見た目の問題」や「個性」で片付けず、心の健康のためにも治療が必要な場合があります。
咬み合わせの改善
咬み合わせに異常があると、歯ブラシが届きにくいためにむし歯や歯周病のリスクが高くなったり、顎関節に異常をもたらすだけでなく、不定愁訴と言って「腰痛・肩こり・膝痛・偏頭痛」の原因となることもあります。

これらの改善・予防を目指すのが歯列矯正の目的であり、最終的にはお口の健康と歯をキレイに長持ちさせることで、矯正後の人生をより豊かに・質の高いものにするための治療と言えます。

歯列矯正が必要な不正咬合の種類

叢生

ガタガタ・デコボコの歯並び。八重歯もこの咬合に分類されます。むし歯や歯周病のリスクが高く、見た目的にも気になることが多い咬み合わせです。

上顎前突

一般的には出っ歯と言われる咬合です。見た目を気にされる方が多い症例ですが、食物が噛み切れないなど、咀嚼にも影響することがある咬み合わせです。

下顎前突

受け口・しゃくれなどとも呼ばれる咬合です。不正咬合の中でも特に問題の多い咬み合わせで、将来的に歯を失うリスクが高い咬み合わせと言われています。

空隙歯列

すきっ歯のことです。前歯のみのすきっ歯を「正中離開」と言います。見た目にも気になりますが、歯の隙間から空気が抜けるため発音にも影響する咬合です。

過蓋咬合

下の歯を前歯が覆ってしまう深い咬み合わせです。顎関節症になりやすい、治療した歯が壊れやすい、将来的に上顎前突になる可能性があるリスクがあります。

開咬

ポカン口、前歯が閉じない咬合です。前歯で噛めないため消化不良につながる・口呼吸になりやすい、咬合崩壊リスクが高いなどの問題の多い咬み合わせです。

当院の歯列矯正の特徴

キレイで機能的な咬み合わせ

アップル歯科の治療は歯列矯正に限らず「咬み合わせ」を考えた治療を心がけています。見た目のお悩みに対して見た目の改善のみで終わらせるのではなく、見た目を治すことで咬み合わせも整えることが歯列矯正においても重要であると考えています。また、矯正治療は治療期間の長い治療です。治療を始めてから患者様が後悔することがないよう治療計画をしっかり立て、カウンセリングであらゆる選択肢や可能性を説明することを徹底しています。

アップル歯科の矯正のポイント
  1. 奥歯がしっかり噛み合い、見た目にも問題のない歯並を目指した治療計画
  2. メリット・デメリットから費用や期間までしっかり説明する
  3. 矯正医と一般歯科医、複数の視点で患者様にとってより良いゴールを目指す
  4. 写真・セファログラム・CTを使い、しっかりとした診断を行う
  5. 矯正装置の種類やその他の手段など、あらゆる選択肢を説明する
この記事の編集・責任者は歯科医師の林大智です。

矯正装置の種類

当院の取り扱い矯正装置

マウスピース矯正

アライナーというほぼ透明のマウスピースによって歯を動かす治療です。目立たず・取り外しが可能で、近年ではアップル歯科で最も選ばれる方が多い装置です。

マルチブラケット矯正

歯の表面にマルチブラケットという突起を貼り付け、そこにワイヤーを通すことで歯に矯正力をかける矯正です。現在、日本で最も症例実績の多い矯正装置です。

舌側矯正

ブラケットとワイヤーを歯の裏側に付ける装置です。見た目では矯正装置が見えないというメリットの反面、発音に影響が出たり痛みが強い場合などもあります。

矯正装置の特徴

表をすべて見るには→へスワイプ

装置の種類 マウスピース矯正 マルチブラケット矯正 舌側矯正
正面観

よく見ると薄いマウスピースがあります


ブラケットは透明ですが、近くで見るとやや目立ちます


正面からは何も見えません

治療期間 2年~3年
(部分タイプは6ヶ月〜1年)
1.5年~3年 2年~3.5年
痛み・違和感 + ++ +++
メリット
  • 取り外しができるので歯磨きが通常通りで良い。
  • ワイヤーやブラケットがないので違和感が少なく口腔内トラブルが少ない。
  • 透明に近く目立たない
  • ブラケットが透明なので矯正装置が目立ちにくい。
  • 他の装置に比べ費用が抑えられ、対応可能な症例の幅が広い。最も選択されている。
  • 正面からは装置が見えない。
  • 見た目の印象を変えないので接客業の方でも矯正ができる。
デメリット
  • マウスピースを使い続けるため自己管理が必要。
  • マルチブラケット矯正に比べて期間とコストがややかかる。
  • 適応が限られる。
  • ワイヤーが目立つため見た目の印象に影響する。
  • 摂取する食物により着色することがある。
  • 舌に触れるので発音に若干の問題を来たす場合がある。
  • 他の矯正装置よりコストがかかる。
費用 部分:400,000円(税込440,000円)
全顎:800,000円〜1,000,000円
税込880,000円〜1,100,000円
※トータルフィー
650,000円(税込715,000円)
※別途調整料5,000円(月1〜2回)
税込5,500円
両顎:1,400,000円(税込1,540,000円)
コンビネーション1,100,000円(税込1,210,000円)
※別途調整料5,000円(月1〜2回)
税込5,500円

どの矯正装置が良いの?

矯正装置は、選択肢があるものの「適応症例」というものがあります。つまり、不正咬合の種類や状態によっては、希望しても出来ないものや、咬み合わせごとの向き不向きもございます。

また、例えば治療期間が半年程度長くなるなどのデメリットがあった場合でも、患者様にとっては「目立たないこと」の方が重要であったり、その逆も考えられます。ですから、矯正装置を決める際はどの治療法が自分にとって適切なのか、しっかり見極める必要があります。

なんばアップル歯科では、患者様のご要望を伺った上でその治療が可能かどうか、そしてその他に方法はないかなど、複数の選択肢をメリット・デメリットを含めてご説明いたします。歯並びを治療したいというお考えは、見た目だけでなくお口の健康にとってとても大切なことです。そして矯正治療中の数年間も大切な人生の一部です。当院ではそんな矯正治療中から矯正治療後まで、患者様の思いを尊重しながら歯科医師としてきちんとアドバイスができる、そんな治療を心がけて矯正治療にあたります。

この記事の編集・責任者は歯科医師の林大智です。

歯列矯正のリスク

歯の矯正治療で考えられるリスク

歯の矯正は咬み合わせや見た目を改善する優れた治療の一つですが、リスクを伴うこともあります。以下のすべてが必ずしも起こるわけではありませんが、矯正治療を始められる際には可能性として起こり得るリスクを治療前にご説明しております。

むし歯・歯肉炎・脱灰を引き起こすことがあります

マルチブラケット矯正(ワイヤー矯正)は、歯に凹凸のある装置を着けるため、食べかすや歯垢がたまりやすくなってしまいます。そのため、それが原因となりむし歯や歯周病(歯肉炎)、脱灰を起こすことがあります。矯正開始時に適切な歯磨き指導やお手入れ方法をお伝えしますが、ブラッシングには時間をかけていただく必要があります。

マウスピースタイプの矯正装置の場合も、食事・間食後に適切なブラッシングをせずにマウスピースを装着すると、むし歯や歯周病の原因となります。

歯の痛みを感じることがあります

矯正中は「矯正装置の痛み」「歯が動くことの痛み」「噛むときの痛み」など、3つの痛みが出る恐れがあります。痛みの感じ方は人それぞれですが、それにより矯正治療を中断してしまう方はほとんどおられません。装置の痛みはマルチブラケット矯正(ワイヤー矯正)・マウスピース型矯正装置によって異なりますが、マウスピースタイプの方が痛みを訴えられる方は少ないです。痛みを感じやすいのは、装置を着けた後、新しいマウスピースに変わった直後、食事の後、起床後などが挙げられます。

口内炎ができやすくなります

矯正装置はマルチブラケット・マウスピースのいずれも歯に異物を着けて歯を動かす治療です。その異物の凹凸が粘膜に触れる事が原因で、頬、唇、舌などに口内炎ができることがあります。口内炎のお薬や、装置をカバーするワックスをお渡ししますのでご使用下さい。あまりに突起が痛い場合や粘膜に刺さる場合は担当医にご相談下さい。

顎関節症を起こすことがあります

顎関節が弱い方、食いしばりが強い方、歯ぎしりが強い方などは、矯正治療に伴い顎の関節に異常が出ることがあります。開口障害・頭痛・耳鳴り・筋肉の硬直等の症状を感じたら担当医にご相談下さい。

歯根吸収を起こすことがあります

矯正治療により長期間矯正力がかかり、歯が揺さぶられ続けると、歯の根が吸収されて短くなる恐れがあります。歯根吸収を起こした歯は、歯の寿命が短くなったり、歯周病が進行した際に歯の脱落のリスクが高くなります。

歯肉退縮を起こすことがあります

歯を支えている骨が薄いと、矯正治療により歯ぐきが下がり、歯の根の一部が露出してしまう「歯肉退縮」を起こすことがあります。歯肉退縮を起こすと、露出した歯根部がしみたり、ブラックトライアングルという三角形の隙間ができることがあります。

歯髄炎・歯の失活を起こすことがあります

矯正装置による外的な刺激が歯に加わることで、歯の神経の病気(歯髄炎)を引き起こしたり、歯が失活(神経が死んでしまうこと)してしまうことがあります。

歯に亀裂が入ったり、咬耗することがあります

治療中または治療後、歯の表面にわずかなひび割れ(クラック)ができたり、矯正治療によって新たにできた咬み合わせで、これまで当たらなかった歯同士が当たることによる咬耗(歯のすり減り)を起こすことがあります。また、咬み合わせが変わることで不定愁訴(頭痛・首や肩のこり・倦怠感・吐き気等)を感じることもあります。

金属アレルギーの症状がでることがあります

マルチブラケット矯正装置に使用するワイヤー金属です。そのため、体質によっては金属アレルギーを引き起こすことがあります。事前に調べる場合は皮膚科にて金属あられるギーの検査を受けて頂く必要があります。

マウスピース型矯正装置には金属が含まれません。

治療後に後戻りすることがあります

矯正治療後、歯は元の位置に戻ろうとする力が働く傾向があります。矯正治療後は後戻り予防装置を装着し、咬み合わせの安定と共に装置の装着時間を減らしていきます。後戻りが大きくなると再調整(矯正)が必要となりますので、定期的にチェックにお越し下さい。

この記事の編集・責任者は歯科医師の林大智です。

矯正治療のQ&A

歯列矯正治療についてのよくある質問

Q.歯列矯正の期間はどれぐらいですか?
A.期間は現在のあなたの咬み合わせや年齢、選ばれる装置によって異なりますので一概には言えませんが、ボリュームゾーンとしては2〜3年の方が多いです。
実際には半年程度で終わる方もおられますし、3年・4年とかかってしまう方もおられます。検査をした上でカウンセリングを受けていただければ、大体の予測を立てることは可能です。
装置でいうと、部分的なマウスピース矯正などは、マウスピースの枚数が最大20枚と定まっているため、期間も半年前後であると予測が付きます。
Q.矯正装置の種類は選べますか?
A.はい、選ぶことは可能です。ただしあらゆる装置から選べるわけではなく、審査・診断をした上で選択可能な装置から選んで頂くことになります。また、装置によりそれぞれ特徴や費用、治療期間等も異なりますので、しっかり説明を聞いた上で選んでいただければと思います。もちろん、歯科医師からみてあなたに適していると思われる装置のご提案模いたします。
Q.下顎の歯並びだけ気になります。下顎だけ装置をつけて矯正することは可能ですか?
A.完結にお答えすると「できない」と思って下さい。歯を動かすということは、上の歯のでも下の歯でも咬み合わせを変えることになります。現在、下の歯並びだけが悪くても、実はその歯は上の並んだ歯と噛み合っています。中にはあたっていない歯や、過剰に力が加わっている歯もあると思います。しかしながら、治療という観点で矯正を行う以上、これらをきちんと咬み合わせることが重要になります。下の歯を動かすのであれば、上の歯もその動きに合わせて移動させなければ、咬み合わせの辻褄が合わなくなります。
「見た目だけいいから」と言われることもありますが、辻褄が合わない咬み合わせは、咬合崩壊のリスクを伴います。極端に言うと「1年後にキレイにするために5年後、10年後には歯がボロボロになってしまう」こともあるということです。ご面倒かもしれませんが、両顎に装置をつけて、ほんの数年の我慢でこの先の人生がよくする治療だと思って頑張っていただければ思います。
Q.矯正治療は保険が使えますか?使えるようになりますか?
A.基本的には公的保険の対象外の治療となります。これは矯正治療が疾患に対する治療ではないためです。公的保険は疾患に対する治療にしか適用されません。 しかし、ごく一部ですが、保険が適用される治療もあります。
・生まれながらにしてお口の中に異常が見られる先天異常
・顎の骨の大きさ、位置、形が著しく異常である顎変形症
・前歯が3歯以上の永久歯萌出不全の場合に起きる咬合異常
以上に該当するケースです。しかし、これらの治療にあたるのは、厚生労働省が定めた施設基準を満たした医療機関になります。当院にお越しいただいた場合は、これらが可能な医療機関へのご紹介ということになります。
今後保険が使えるかどうかという質問に対しては、今の所難しいと思われます。
Q.外科矯正はできますか?
A.外科手術は当院ではできません。厚生労働省が定めた施設基準を満たした医療機関をご紹介しますので、手術はそちらで受けていただきます。外科矯正前後の治療は当院で行うことが可能です。外科手術の適応症例の患者様もお気軽にご相談下さい。
Q.むし歯があっても治療できますか?
A.むし歯の治療が先になります。ただし補綴(被せ物)は矯正治療後にやりかえる必要がありますので、セラミックなどの審美補綴を希望される場合は、矯正治療後に行うことになります。
Q.途中で引っ越した場合はどうなりますか?
A.引っ越すことがわかっている場合は引越し後に転居先での治療をお薦めしています。矯正治療開始後に引っ越しが決まった場合は、転居先に近い歯科医院をご紹介いたしますが、紹介先にお支払い頂く費用は発生します。引越し後でも月に1ヶ月ぐらいなら通えるという場合は、そのまま治療を継続していただくこともあります。
Q.部分矯正はやっていますか?
A.適応症例であればお引き受けします。近年では、マウスピース型の部分矯正(インビザラインGo)を取り入れたことで、適応症例は大幅に広がりました。まずはご相談下さい。
Q.マウスピース部分矯正は一部の歯だけを覆うものですか?
A.いいえ、すべての歯を覆います。そのうえで5番〜5番までの歯を部分的に動かすという意味合いになります。前歯に特化した矯正です。
Q.セラミック矯正は行っていますか?
A.基本的には行っていません。限定的に、すでに失活した歯のやり変え等で咬み合わせを整えたり、すきっ歯や多少の叢生を、ラミネートやダイレクボンディング等を用いて改善することは可能です。医学的な根拠がない治療や、歯の寿命を著しく短くする治療、将来患者様の咬み合わせが壊れる恐れのある治療等はお受けできません。
Q.矯正治療でEラインは改善できますか?
A.限界はありますが、治療計画を立てる段階で横顔のバランス・Eラインの改善は意識的に行います。セファログラムというレントゲンを分析することで、顎の大きさ・形・ズレ方、歯の傾斜角・頭部に対しての口元のバランスなどがわかります。それを元に、どの程度改善するか、どこを目標とするかなど、カウンセリングにてお話できればと思います。まずは相談から始めましょう。
この記事の編集・責任者は歯科医師の林大智です。

歯列矯正の費用【自由診療】

歯列矯正(自由診療)の料金表

種類 説明 料金

精密検査料
歯列矯正治療を行うための検査資料を撮影します。通常のパノラマレントゲンに加えてセファログラムという頭部のX線写真、お顔の写真・口腔内写真・咬合模型・光学印象等を撮影することで、現在の歯や骨の状態を確認し、歯を動かす治療計画を作成していきます。 30,000円
(税込33,000円)
※矯正矯正治療費に含まれています。

マウスピース型矯正装置
インビザライン
マウスピース型の矯正装置を使った歯列矯正です。ほぼ透明の薄いアライナーで目立ちにくく、取り外しが可能なため日頃のお手入れも通常通りできて、歯を動かす際の痛みも少ない矯正装置です。
マウスピースの材料は厚生労働省の認可を得たものですが、インビザラインは完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。
治療期間…2〜3年、治療回数…10〜15回
片顎800,000〜1,000,000円
(税込880,000円〜1,100,000円)
※精密検査料30,000円含む
※ホワイトニング込(希望者)
※マウスピース型矯正装置は調整料が含まれたトータルフィーです。

マルチブラケット装置
メタルブラケット
マルチブラケットとう歯に付ける装置にワイヤーを通して歯を動かす矯正装置です。メタルブラケットは歯に着ける装置が金属の物を使用した場合です。見た目の問題はありますが、矯正装置としてはスタンダードで様々な症例に対応できる装置です。
治療期間…2〜3年、治療回数…24〜36回
片顎300,000円
(税込330,000円)
両顎600,000円~700,000円
(税込660,000円〜770,000円)
※精密検査料30,000円含む
別途調整料(1回5,000円
(税込5,500円))※1〜2ヶ月に1回程度
※精密検査料33,000円含む(税込)

マルチブラケット装置
クリアブラケット
マルチブラケットとう歯に付ける装置にワイヤーを通して歯を動かす矯正装置です。クリアブラケットは歯に着ける装置が透明の目立たない物を使用した場合です。矯正装置としてはスタンダードで様々な症例に対応できる装置です。装置が透明なので金属のものに比べて目立ちません。これまでの矯正治療で最も多くの症例がある装置となります。
治療期間…2〜3年、治療回数…24〜36回
①調整料都度払い(1回5,000円
(税込5,500円))※1〜2ヶ月に1回程度…650,000円
(税込715,000円)
②トータルフィー…800,000円
(税込880,000円)
※①②選択可
※精密検査料33,000円含む(税込)

MTM(部分矯正)
1本~数本だけを動かす矯正です。軽度の正中離開(すきっ歯)や捻転歯(ねじれて生えた歯)、親知らずの移動などに使用します。適応には限りがあります。
治療期間…4〜6ヶ月、治療回数…5〜6回
100,000円~500,000円
(税込110,000円〜550,000円)

マウスピース型矯正装置(インビザラインGO)
審美部位(前歯)に特化したマウスピース型の矯正装置を使った歯列矯正です。親知らずを除いて奥から3番目の歯から反対側の奥から3番目の歯までを動かします。ほぼ透明の薄いアライナーで目立ちにくく、取り外しが可能なため日頃のお手入れも通常通りできて、歯を動かす際の痛みも少ない矯正装置です。
マウスピースの材料は厚生労働省の認可を得たものですが、インビザライン・インビザラインGOは完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。
治療期間…5ヶ月、治療回数…5〜6回
400,000円~500,000円
(税込440,000円〜550,000円)
※精密検査料30,000円含む
※ホワイトニング込(希望者)
※マウスピース型矯正装置は調整料が含まれたトータルフィーです。

舌側矯正
歯の舌側(裏側)に特殊なブラケットを貼り付けて、ワイヤーで引っ張ることで歯を動かす装置です。正面からは装置が見えないため、矯正中の見た目の変化がない装置です。
治療期間…2〜3年、治療回数…24〜36回
(両顎)1,400,000 円
(税込1,540,000円)
(コンビネーション)1,100,000 円
(税込1,210,000円)
別途調整料(1回5,000円
(税込5,500円))※1〜2ヶ月に1回程度
※精密検査料30,000円含む

難加算
歯を並べ、咬み合わせを整えるが難しい症例の場合は、歯の動きを細かにコントロールする必要があるため、お見積り時に加算させていただくことがあります。 100,000円~300,000円
(税込110,000円〜330,000円)

挺出
矯正力を使い、歯を音を引っ張り出す方法です。 50,000円
(税込55,000円)

ムーシールド
反対咬合のお子様の治療に使用する、低年齢向け(3~5歳)のマウスピース型歯列矯正用咬合誘導装置です。
治療期間…3〜8ヶ月、治療回数…4〜10回
1装置80,000円
(税込88,000円)

調整料
来院ごとの矯正の調整の費用です。通常月に1〜2回程度です。(インビザライン・トータルフィープランの場合は調整費込) 3,000円~5,000円
(税込3,300円〜5,500円)

咬合育形成
11歳ごろまで可能な顎を広げて歯を並べる矯正です。
治療期間…3〜4年、治療回数…36〜48回
400,000円~500,000円
(税込440,000円〜550,000円)

マイオブレース(T4K)
悪習癖による歯並びの悪化を防ぐ、小児用トレーニング矯正装置装置です。就寝時と、家にいる時間の中で1時間程度使用します。
治療期間…3〜4年、治療回数…36〜48回
※小児矯正治療費に含まれます
小児矯正治療 400,000円〜+税

プレオルソ
悪習癖による歯並びの悪化を防ぐ、小児用トレーニング矯正装置装置です。就寝時と、家にいる時間の中で1時間程度使用します。 ※小児矯正治療費に含まれます
小児矯正治療 400,000円〜+税
ミニインプラント
歯科矯正用アンカースクリュー
小さなアンカースクリューを歯ぐきに埋入し、そこをフックにしてワイヤーをかける方法です。通常ではかけられない場所にワイヤーをかけることで歯の動きが早くなります。
(床矯正あるいは歯列矯正用咬合誘導装置終了後に全体矯正をする場合は1装置分の費用は全体矯正の費用の一部とします)
治療回数…1回
20,000円
(税込22,000円)
リテーナー
リテーナー
矯正治療が終った後に、後戻りを防ぐために着ける装置です。 片顎10,000円
(税込11,000円)
MFT
MFT(筋機能療法)指導
お口の癖を治すための指導とトレーニング、歯科医師によるチェックとアドバイスを行います。 30分/3,000円
(税込3,300円)
コルチコトミー
コルチコトミー
歯肉を切開し、歯槽骨に切れ目を入れることにより、矯正のスピードを速くしたり同時に歯周病の改善も行う小手術です。
治療回数…1回
1ブロック100,000円
(税込110,000円)
フルブロック600,000円
(税込660,000円)

なんばアップル歯科

  • 〒542-0075 大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

※ただいま新型コロナウイルス対策の一環として、平日木曜日のみ延長診療を20:30(最終予約20:00)まで行なっております。

診療情報

休診日:日曜・祝日

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関のご利用が便利です
  • 南海なんば駅 から徒歩1分。南出口から東へ50m、信号渡って左手のビルの5階。
  • 地下鉄御堂筋線なんば駅 E9番出口から南へ徒歩1分
  • 近鉄大阪難波駅 から徒歩10分
  • 大阪シティバスなんばバス停 から徒歩5分

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科
  • 明石市大久保町高丘3-3-1
  • TEL078-935-4182

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科
  • 兵庫県加古川市平岡町土山909-33
  • TEL078-942-4185

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top