歯科口腔外科

HOME > 一般診療 > 歯科口腔外科

歯科口腔外科について

歯科口腔外科分野の治療について

歯科口腔外科にも対応しております

口腔外科とは、むし歯や歯周病の治療を除く顎口腔領域の外科処置を中心として、その疾病全般を扱う診療科のことを言います。歯が原因となる口腔・顎・顔面の問題や、交通事故やスポーツなどの外傷、顎変形症や唾液腺疾患などの外科的疾患、粘膜疾患や神経性疾患のような内科的疾患など、歯以外の口腔内のあらゆる疾患や疾病に対応しています。

なんばアップル歯科院長の林は、兵庫県下にある医療センター口腔外科の勤務経験もありますので、歯科口腔外科分野は当院の得意分野の一つです。お口の中の出来物や顎のトラブル、外傷、親知らずの抜歯など、口腔外科領域のお悩みもお気軽にご相談下さい。。

image

歯科口腔外科分野の治療の一例

治療の種類
詳細
親知らずの抜歯 常の親知らずや骨の中に埋まっている親知らずの抜歯です。簡単な場合には当日抜歯も可能です。当院は院内に最新のCTを設置しておりますので、より精密に診断することが可能です。必要な際には専門病院へご紹介をいたします。
口腔内のできもの 口の中にできるできものの検査・治療です。 主に舌、歯ぐき、ほっぺた、唇、あご、唾液腺などができものが出来やすい部位です。舌がんや歯肉がんなどの悪性腫瘍(癌・がん)は口腔内にも発生しますので、気になるものがございましたら、ご相談ください。早期発見と早期治療が非常に重要です。
全身管理 全身の病気があり薬の服用がある方の治療。当院は血圧、脈拍、酸素濃度等全身的な体の状態を測定できる機材を完備しておりますので、安心して治療を受けていただくことが可能です。また、医科との連携も密にしておりますので、より安心で安全な治療を提供することができます。心臓を含めた臓器に疾患をお持ちの方、血液をサラサラにする薬や骨粗鬆症の薬等を服用されている際は、ご相談ください。※1 ※2
顎関節症 顎を動かした時のピキッ、カクッという音や、口が開きにくい、顎が痛いなどの「あご」に関するお悩み。顎の関節のお痛み、周囲の筋肉や靭帯のお痛み、関節内のクッションのお痛みなど、一口に顎関節症と言っても様々な原因があります。※3
インプラント 歯が抜けてしまった後の治療法の一つで、顎骨に歯の代わりにチタンを埋入する現在最も自分の歯に近い治療と言われている方法です。アップル歯科では口腔インプラント学会(ICOI)指導医である理事長の元、全てのドクターが専門的に学んでいます。
骨折などの外傷 転倒等により顔面を受傷された際に、骨折の精査・歯の整復・裂傷の縫合等を行います。受傷度合いが大きい際には専門病院へのご紹介をさせていただきます。
舌痛症 原因不明の舌の痛みも診察可能です。必要な場合は然るべき医療機関に紹介いたします。

参考文献※1)

参考文献※2)

参考文献※3)

病理診断(組織生検)

組織生検とは、出来物や腫瘍等の一部を切り取って、顕微鏡や特殊な検査装置で検査を行う方法です。 患部の組織の一部をメスや針などで採取し、顕微鏡などで検査します。歯科領域では主に口腔ガンという悪性腫瘍の精査で行われます。検査はまず画像検査や視診や触診を行い、悪性の腫瘍の疑いがあればその場所や状態を精査していきます。 検査の結果、悪性腫瘍であれば専門病院等と連携を取り、対処法を考えていきます。

image

舌痛症

舌痛症(ぜっつうしょう)とは見た目は正常ですが、舌に慢性的な痛みやしびれが生じる病気のことをいいます。 割合としては女性が発症するケースが多く、舌の先や縁(ふち)が痛んだり、歯科治療後に痛みを訴えることが多いとされます。 見た目にはわからない上、痛む部位が変化したり、食事中は痛みが引くなど痛みの波があるのが特徴なので、病院によっては「気のせい」にされることもありますが、適切な診断と治療を行えば、痛みが緩和することもありますので、まずは受診して下さい。

image

親知らずについて

親知らずの抜歯について

親知らずは第三大臼歯または智歯とも呼ばれ、一番最後に生えてくる歯です。実際には生えてくるスペースが足りないことが多く、一部のみが露出したり、斜めに生えたりする方がいます。

image
症例
詳細
親知らずの生え方が悪い方 親知らずの一部のみが生えている方、横に生えている方で虫歯・歯周病の症状が見られる場合、今後も虫歯や歯周病を繰り返すことが多いため抜歯が望ましいとされます。また症状がなくとも隣の第2大臼歯への悪影響がある場合も、健康な歯が害される前に抜歯をしておいた方が良いでしょう。
歯周病(智歯周囲炎) 上記と同様に歯ブラシが届きにくいことで、汚れがたまってしまい、周囲の歯肉に炎症を起こし痛みや腫れを引き起こします。また隣の第2大臼歯に歯周病が波及した場合、骨が溶けて揺れてきてしまったりもします。
蜂窩織炎(ほうかしきえん) 虫歯や歯周病が原因で生じた炎症が顎骨に波及し、血流に乗って全身に感染してしまうことがあります。
親知らずが原因で起こり得る蜂窩織炎は、顎や首周りまで炎症が広がってしまう病気で、疼痛・発熱・倦怠感・腫れなどを伴います。さらに炎症が広がると最悪の場合、呼吸困難に陥ってしまうこともあります。長期間の入院治療が必要になる場合もあります。
歯列不正 文献によりますが、親知らずは生涯生える方向に動くと言われています。横に生えている場合、隣の歯が押され続けて前の歯までガタガタになっていくリスクがあります。
矯正治療後も親知らずを放置しておくと、治療前の状態に戻ってしまう可能性があります。
嚢胞(のうほう) まれではありますが、骨の中に嚢胞(のうほう)という袋状の空洞を作り、それが骨や周囲の歯を圧迫したり溶かしてしまいます。嚢胞は放置しておくとどんどん大きくなり、痛みや神経症状が出たり、骨が大きく吸収してしまうと骨折のリスク、治療時の侵襲が増えてしまうので早期の治療が必要です。初期の段階では症状が出にくいため、気づいたら進行してしまっていることがよくありますので、一度受診してみてください。
      image 親知らずの生え方が悪い症例 横向きに生えてしまっています。
      image 嚢胞の症例 右下の親知らずが原因で右下第二大臼歯の根が破壊されています。

親知らずの抜歯の手順

① 下顎の親知らずは、歯茎の中に横向きに埋まっているケースが多いです。深い位置にあると難しい抜歯になります。歯茎に埋まっている場合は歯茎を一部切開します。

image

② 骨の中に埋まっている歯が見えてくるので、歯の周囲の骨を一部削ります。

image

③ 歯の頭(歯冠)と根っこ(歯根)の部分を削り分離します。頭の部分を取り出します。

image

④ 根っこを取り出しますが、根っこが複数ある場合は根っこの部分も分割してバラバラにします。

image

⑤ 抜いた穴の部分を掃除して、切開した歯茎を糸で閉じて止血して終わります。痛みは2〜3日程度が多く、腫れは3〜7日間程度続く場合があります。

image

親知らずの抜歯リスク(偶発症)

神経の麻痺

下顎の骨の中には下歯槽神経と呼ばれる太い神経の管があります。この神経の管と親知らずとは近接していることが多く、抜歯の際のダメージにより下唇やオトガイ部の麻痺(麻酔が残ったようなボーッとした感じ)が起こることがあります。

そのほか、舌の神経も親知らずの近くを走っているため麻痺が起こることがあります。頻度としては全体の1%ほどの確率になります。仮に麻痺が起こった場合、数ヶ月から1〜2年で戻ることが多いですが、0.25%程の方は麻痺が生涯残ってしまうことがあります。

上顎洞との交通

上の親知らずを抜いた後、親知らずの根が上顎洞という鼻の空洞に飛び出ている場合、抜歯の後に口腔内と上顎洞が繋がってしまうことがあります。交通した場合、口に含んだ水が鼻から出たり、空気が鼻から抜けたりします。穴が小さい場合は自然に封鎖されます。

稀に自然閉鎖されないことがありますが、その場合、専門の病院へ紹介させていただくことがあります。(リスクが大きい場合は初めから専門病院へ紹介させていただきます)

親知らずを抜いた後の症状は?

症状
詳細
腫れ 抜歯の後2〜3日後をピークに腫れることが多いです。その後、徐々に腫れが引いていき、7〜10日かけて引いていきます。侵襲が大きい場合(歯茎を大きく開いたり、骨を大きく削った場合)は長引くこともありますが、個人差があります。
痛み 麻酔が切れた後は痛みを感じることが多いです。抜歯当日、翌日が痛みのピークとなりやすく、7〜10日で引いてきます。痛みがある内は鎮痛剤で対応します。
開口障害 親知らずの抜歯後は口を開ける筋肉の周囲に炎症が波及した場合、口が開きにくくなる事がありますが、7〜10日で落ち着いてくることが多いです。
ドライソケット 抜歯後、通常は歯を抜いた後の穴は血餅(かさぶた)で満たされます。しかし、血餅が十分に形成されなかったり、強いうがいをして脱落したりした場合、骨が露出して強い痛みが発現します。約5%の確率で発生するといわれています。
この記事の編集・責任者は歯科医師の福本哲也です。
DR福本

歯科口腔外科のQ&A

歯科口腔外科についてのよくある質問

image
Q.親知らずは抜いたほうがいいの?
A.全てが抜く対象となるわけではありません。正常な方向に生えていたり、噛み合わせや周囲の健康な波に影響がない場合は基本的に抜歯の必要性はありません。虫歯になり将来的に痛みの原因になるリスクがある場合、抜歯が必要です。抜歯をすることで神経の麻痺が出たり(※1)、副鼻腔という蓄膿症の時などに膿がたまる空間に穴があくこと(※2)がありますので、本当に抜歯をするメリットがあるのかどうかの診査が重要です。また、歯が抜けてしまったところに親知らずを移植できる場合もあるため、一度受診されることをお勧めします。

参考文献※1)

※1)811例において抜去された上顎智歯は876歯、下顎智歯は1,552歯(男性で626歯、女性で926歯)であった。
下顎智歯1,552歯における術後合併症の頻度について、歯数をもとに調査したところ、抜歯後感染75歯(4.83%)、オトガイ神経領域の知覚異常65歯(4.19%)、治癒不全2歯 (0.13%)、抜歯後出血1歯 (0.06%)、合計で143歯(9.21%) であった。
自家歯牙移植における臨床的考察 石上和紀 日本顎咬合学会誌咬み合わせの科学 2000年21巻2号201-205

参考文献※2)


参考文献

Q.当日すぐに親知らずを抜くことはできますか?
A.当日中の抜歯は、簡単な症例であれば行うこともあります。しかし、炎症が強い場合には炎症が引かせてからでないと痛みや腫れが長引く可能性がありますし、難しい症例の場合には専門病院にて全身麻酔下での抜歯を勧めさせていただく場合もあります。
Q.親知らずを抜いた後は腫れますか?
A.腫れは上顎より下顎の親知らず抜歯の方が大きいことが多いです。
また腫れは抜歯後48時間後がピークであり、1週間から10日後に抜糸を行います。大事なイベントがある場合、この期間を考慮して抜歯のスケジュールを決めていだだくことが必要です。
Q.蓄膿症は歯が原因って本当?
A.歯が原因で起こることがあります。
蓄膿症とは、副鼻腔という骨の空洞に張り巡らされている粘膜が慢性的な炎症を起こし膿が溜まる状態のことを言います。そのうちの1つである上顎洞は歯との距離が近く、歯の中に入り込んだ細菌が上顎洞の中に溜まり炎症を起こすことで蓄膿症の発症に繋がります(※3)。虫歯治療や神経の治療により改善がみられることもありますが、最悪の場合抜歯が必要となることもあります。鼻のつまりや頭の重たさは、歯が原因かもしれません。

参考文献※3)

歯性上顎洞炎の原因歯は、不十分な根管処置が行われた歯科処置後の歯(根管処置歯)がほとんどであり、未処置の齲歯が原因である例は、まれであるといえた。歯科的に治療された歯であっても、あるいは外見上齲歯がなくても歯性上顎洞炎の原因歯として疑うべきであるといえた。
歯性上顎洞炎の病態と内視鏡下鼻内手術の有用性 佐藤公則(2001)日本耳鼻咽喉科学会会報 104(7):715-720
Q.顎から音がするのはなぜ?
A.下顎を支える関節円板と呼ばれるクッションの位置が悪いために音が鳴っていると考えられます。
頭の骨と下顎の頭が接する部分に関節円板が入っています。口の開け閉めの際には、下顎の動きに合わせて関節円板が一緒に動きます。動きが悪いと下顎だけが一人歩きしてしまい、関節円板が外れる際にポキっというクリック音が鳴ります。そのまま放置すると急に口が開かなくなることもありますので、注意が必要です。
また、開閉口時にジャリジャリ音が鳴る方はさらに要注意です。下顎頭が潰れたり変形している可能性もありますので、早期の専門病院への受診が必要となることがあります。
Q.顎関節症はどうやって治すの?
A.症状によって治療方法が変わります。それは、顎関節症が複数の病型に分類されるためです。お口の開く量が十分であり、痛みがなければ治療は積極的な治療は必要ありません。
症状が軽度であれば筋肉を緩める薬の内服やマウスピースの使用で改善する場合もあります。しかし重度であれば顎の骨の手術など外科的療法が必要な場合があります。

参考文献

Q.口の中にできものができました、歯医者に行ったほうが良いですか?
A.口の中のできものが2週間以上経っても治らない場合は、歯科受診を勧めます。口の中は唇、舌、頬などあらゆる場所に良性腫瘍および悪性腫瘍ができる可能性があります。そのため詳しい検査が必要か判断することが重要です。
例えば歯茎にできものができた場合は、腫瘍の可能性もありますが、虫歯の進行が原因で根の先に膿の袋ができていることもあります。その場合は歯科での根の治療が必要となります。
Q.口腔癌の見分け方は?
A.胃癌や大腸癌があるように、口にも癌はできます。口内炎が2週間経っても消えない、口内炎からの出血が続く、口内炎の周りにしこりがあるなどの症状がある場合は癌の可能性があります。ただし、上記症状がある場合も似たような症状を示す他の病気が多数あり、必ずしも悪性腫瘍とは限りません。
悪性腫瘍の原因として、口腔清掃状況不良、適合の悪い被せ物や入れ歯、飲酒・喫煙などがあげられますので、定期的に口も体も健康への気遣いが必要です。気になる点があればご相談ください。
Q.血をサラサラにする薬を飲んでいます、抜歯はできますか?
A.現在のガイドラインでは、お薬を止めることによる全身への悪影響を考慮し、内服を継続したまま抜歯を行うことが推奨されています。病気をお持ちの方は内科担当医に問い合わせの上病状を把握し、大学病院、歯科口腔外科などと連携を取り安心、安全な治療を行います。

参考文献

この記事の編集・責任者は歯科医師の右下由香です。
DR右下

なんばアップル歯科

  • 〒542-0075 大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

※ただいま新型コロナウイルス対策の一環として、平日木曜日のみ延長診療を20:30(最終予約20:00)まで行なっております。

診療情報

休診日:日曜・祝日

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関のご利用が便利です
  • 南海なんば駅 から徒歩1分。南出口から東へ50m、信号渡って左手のビルの5階。
  • 地下鉄御堂筋線なんば駅 E9番出口から南へ徒歩1分
  • 近鉄大阪難波駅 から徒歩10分
  • 大阪シティバスなんばバス停 から徒歩5分

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科
  • 明石市大久保町高丘3-3-1
  • TEL078-935-4182

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科
  • 兵庫県加古川市平岡町土山909-33
  • TEL078-942-4185

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top