小児歯科

HOME > 一般診療 > 小児歯科

お子様の治療について

お子様の歯を大切に育てるために

お子様とはコミュニケーションが大切です

アップル歯科ではお子様の歯の治療において、まずはじめに「歯医者への恐怖心、苦手意識」を払拭することが第一歩だと考えています。そもそも、お子様に限らず、歯医者とは「歯を削るのが痛い」「歯を削る音が嫌」など、ネガティブなイメージをお持ちの方も多数おられると思います。とくにお子様の場合、一度歯医者に行くことに対して抵抗を感じてしまうと、歯が痛くても我慢してしまうケースもあります。

むし歯は自然に治癒しない歯の病気です。早めに治療しなければ悪化して痛みもどんどん激しくなっていき、歯の神経を腐らせてしまう可能性も出来てきます。 当院では、お子様に前向きな気持ちでご来院いただけるよう、お子様に寄り添ったコミュニケーションを心がけ、お互いの信頼関係を築いてから治療を進めます。

治療において当院が大切にしている3つのこと

痛みを抑える

表面麻酔や極細の針などを使用することで、極力痛みを軽減できる治療を心がけます。

負担をかけない

お子様に寄り添ったコミュニケーションで不安や恐怖を緩和できるよう努めます。

むし歯予防指導

永久歯のことも視野に入れて、むし歯予防のむし歯になりやすい所や、正しい歯磨きをレクチャーします。

歯科治療は痛いというイメージを
払拭するための取り組み

痛みを抑える治療を心がけます

お子様が歯医者を避けるようになる最も大きな理由は「治療の痛み」にあると考えられます。「歯医者の治療は痛い」というイメージを抱かせてしまうことが、歯科医院嫌いにさせてしまうことにつながります。

そういった事態にならないよう、「歯科麻酔」と「コミュニケーション」の2つが重要になります。痛みを伴う治療であったとしても、麻酔が効くことで痛みを感じにくくなります。

また、麻酔針が刺さる痛みを緩和させる表面麻酔もございます。コミュニケーションにおいても、お子様にリラックスしていただけるような声かけを行うことで、治療に対する恐怖が緩和されるよう尽力します。

痛みを軽減させる6つの麻酔テクニック

  1. 表面麻酔を使用する
  2. 極細の針を使用する
  3. 痛点を避ける
  4. 麻酔駅は少しずつ注入する
  5. 針事態を見せないようにする
  6. 会話中にさりげなく打つ

お子様のペースで治療を進めます

お子様の治療において、無理矢理の治療はNGです。まずは歯医者に少しずつ慣れてもらうことが大切だと考えています。

  • 当院の治療では、泣き叫ぶほど嫌がるお子様を無理矢理押さえつけて治療をすすめることはありません。お子様にトラウマを植え付けてしまうことになり、二度と歯医者に足を運べなくなる可能性につながるからです。
  • 当もちろん、せっかくお時間を作ってご来院いただくので、多少嫌がっている程度の場合は、治療を進めることもございますが、基本的にはお子様に前向きな気持ちで治療に臨んでいただくことが一番だと考えております。
  • 当院としては、お子様に信頼していただけるコミュニケーションを心がけておりますが、どうしても話し合うよりも治療を優先して進めないといけないという場合は、保護者の方とご相談の上、全身麻酔、基幹病院へのご紹介なども検討します。

お子様が治療できるようになるために

少しずつ練習する

はじめから治療を開始するのではなく、治療に慣れていただけるように、まずは治療機器・器具を「見て」「触れて」「例えて」など少しずつ練習します。

小さなことでも褒める

椅子に座る、うがいができるなど、ほんのちょっとしたことに対しても褒めることが大切です。小さな成功体験を積み重ねることで、少しずつ治療に向き合ってもらえるよう促します。

T.S.Dテクニック法
TELL
これから何を行うのかを、お子様に伝わるようにご説明します。
SHOW
どのような機器・器具を使うのかをお見せして、用途をご説明します。
DO
SHOWで説明したことを実際にやってみます。

どのようなことを始めるのかが、しっかりと伝わることで治療と向き合えるようになるお子様もおられます。

モデリング学習法

保護者様がモデルとなり、治療風景を観察してもらうことで、模倣してもらう方法です。模倣学習ともいわれ、お子様が保護者様の行動を真似したくなることで、治療ができるようになることを目的としています。

むし歯にならないための習慣づくりが大切です

治療の必要がないお口の環境づくりを

当院はお子様も治療できる歯科医院を目指してはいますが、そもそもむし歯や歯周病にならなければ治療の必要もありません。

つまり、日頃からの正しい歯磨きなどのメンテナンスをし続けて、予防がしっかり出来ていれば、治療をするリスクは下げることができます。また、歯科院で定期的な検診を習慣にすることで、口腔内の異常を早期発見することができます。

むし歯や歯周病をお子様にうつさないことを心がけましょう

むし歯や歯周病は感染症だということをご存知でしょうか。お子様がむし歯や歯周病にかかってしまう理由として、大人の方が使用したフォークやスプーンなど食器を共有してしまったり、愛情表現のキスなどが原因で感染してしまっているケースが多々あります。

そもそも、生まれたての赤ちゃんには、むし歯菌や歯周病菌はおらず、どこからか感染しない限りはむし歯や歯周病になる可能性は低いのです。そのため、大切なお子様の歯を守るためには、大人の方がむし歯予防の意識を高めることが大切だといえます。

フッ素と予防歯科

フッ素とは

フッ素は私たちの身近な食品にも含まれています

フッ素は、緑茶や海藻類、魚介類など、私たちの身近な飲食物にも含まれている物質です。

私たちの歯の表面では、「脱灰(歯が溶けること)」「再石灰化(溶けた歯を修復すること)」を繰り返されているのですが、フッ素は再石灰化を促進してくれる働きをしてくれます。

ちなみに、歯科の予防で使用するフッ素は、厳密には「フッ化ナトリウム」といいます。フッ化ナトリウムは、生え始めの歯には特に吸収されやすいので、乳歯から永久歯に生え変わる時期に塗布することでお子様のむし歯予防につながります。

脱灰と再石灰化とは

脱灰とは、むし歯菌が歯のカルシウムやリンを溶かすことです。脱灰しても、口の中の唾液に含まれるカルシウムやリンで歯の表面を修復してくれる働きのことを再石灰化といいます。先ほども述べたように、私たちの歯の表面は「脱灰」と「再石灰化」という現象が繰り返されています。

フッ素は歯を酸から守ってくれます

お口の中では、常に酸の量のバランスが変化し続けています。お口の中の酸のバランスを図る目安として、pH(ペーハー)変化を示したステファンカーブというグラフがあります。

pHとは酸性とアルカリ性の度合いを表したものです。ステファンカーブの見方としては、酸性になるほどpHの数値が下がっていき、歯が溶けやすくなるということを指しています。

例えば、ご飯を食べた後や炭酸飲料を飲んだ後などはpH値が下がるため、脱灰が起こりやすくなります。しかし、時間が経つにつれ、唾液などの作用によりお口の中が中性に戻り、再石灰化が可能になります。

フッ素はこの再石灰化を助ける役目を担ってくれます。酸性である時間が長くなってしまうと、歯が脱灰され続けてしまいます。そのため、お口の中が酸性に傾く時間を、いかに減らせるかが大切になります。

フッ素の活用シーン

①歯磨き

日本で販売されている歯磨き粉にはフッ素の濃度が上限1500ppmで配合されていますが、フッ素濃度が高い歯磨き粉で歯磨きをすることでむし歯の予防効果を得ることができます。

ポイントは歯磨き後にお口をすすぎすぎないことです。何回もすすいでしまうとせっかく歯に残ったフッ素が流れてしまいます。お口をすすぐのは一回くらいで留めておきましょう。

また、唾液が最も少なくなる睡眠中が一番むし歯になりやすいので、就寝前に歯磨きをすると、より効果的です。

日本では、2017年3月にフッ素濃度の上限を1000ppmから1500ppmへ改正されました。500ppm濃度が高くなったことにより、6%のむし歯予防効果があるとWHOの研究でわかっています(※1)。

②歯医者による歯面塗布

歯科医院ではフッ素9000ppmと最も濃度の高いものを使用できます。そのため、フッ素配合の歯磨き粉を使用するより効果的にむし歯予防をすることが可能です。

歯科でのフッ素塗布という処置は、お口の中をクリーニングした後、歯にフッ素を塗って終了となります。

③食事から摂取

意外と知られておりませんが、フッ素は必須微量元素と分類されています。どういうことかというと、健康を維持する上で必要な栄養素と位置付けされてるということです。

乳製品、魚介類、肉類、豆類等いろんなものに含まれていますので(※2)、食事からもフッ素をとりいれることが可能です。

※1)将来的には成人への応用手段として、1,500ppmから5,000ppmの高濃度のフッ化物配合歯磨剤の普及が、歯根面う蝕の効果的な予防を推進することになると考える。

※2)フッ化物は地球上の海の水、川の水、土の中などどこにでも含まれいます。海藻や魚、草や木、虫や、獣など人間の食べるあらゆる食物、そして、人体にもいろいろ含まれいます。私たちが毎日飲む水の中にもフッ素は含まれています。

フッ素は危ない??

適正量の摂取であれば安全にご利用いただけます

ネットや雑誌からたくさんの情報が手に入れることができる時代になりました。そういった情報を見た方から、フッ素は危険なのではないかという質問を受けることがあります。

結論からいうと、適正量を使用すれば安全です。科学的に見て、フッ素の使用を制限することよりも、フッ素を使用することによるメリットの方がはるかに大きいです。

仮に歯磨き粉を全部飲み込んでしまっても中毒量には達しません。

ただし、過度に摂取してしまうと急性中毒、 慢性中毒といった中毒症状や、歯の形成期に過度に摂取してしまうと斑状歯などの形態の異常が生じる可能性がありますので何事も適正量の使用が大事です。

フッ素塗布はむし歯予防に高い作用があります

フッ素の特長まとめ

①むし歯菌が出す酸を抑制します。

むし歯菌が出す酸をフッ素の力で抑制し、脱灰を防ぐ効果があります。これによりむし歯になりづらくなります。

②歯の再石灰化を促す効果があります。

お口の中はアルカリ性と酸性のバランスが常に変化しており、酸性に傾いてしまうと脱灰してむし歯に発展してしまう可能性があります。

しかし、フッ素は、溶けてしまった歯質を再び石灰化することにより歯質を復活させることができます。

③歯の表面にバリアを張ります。

フッ素は歯の表面を強化してくれます。歯のカルシウム成分とフッ素が反応することにより、フルオロアパタイトという歯の表面をバリアする物質ができます。これらによりトリプルの力で歯をむし歯から守ってくれます。

特に生えたての大人の歯や乳歯にはとても効果的です。なぜなら、生えたての歯や乳歯はまだ表面の歯質がとても弱く、むし歯になりやすいからです。初期のむし歯を食い止めることで歯の寿命を伸ばせる可能性があります。

フッ素塗布は何歳頃から始められる?1歳?それとも2歳頃?

「子どもの将来のために、フッ素塗布を検討している」という保護者様はたくさんいらっしゃいます。

その中でも多いのが「何歳から始められるのか?」という質問です。

フッ素塗布は上下の歯が4本ずつ生えている1歳半前後の赤ちゃんであれば、フッ素塗布は可能です。

幼児の乳歯は、歯磨きがしづらいという親御さんも多く、むし歯になりやすいため、フッ素塗布だけでなく、シーラント(歯の隙間を樹脂で埋める処置)で守るという方法もあります。

フッ素は毒という思い込みがあると、「子供の歯にフッ素を塗るなんて怖い・・」と考える方もおられますが、前述したように、フッ素は母乳や乳製品など様々な食品にも含まれており、適正量の使用であれば問題ありません。

フッ素に関してよくある質問

Q.根面う蝕(根っこにできるむし歯)は予防できる?
A.根面う蝕にフッ素はとても有効です。歯茎がだんだん下がっていってしまうと、根っこが露出する量が増えていきます。露出量が増えてしまうとそれだけむし歯のリスクが大きくなりますが、フッ素のによる予防効果は期待できます。ただし、フッ素を塗布したからと言ってむし歯にならないというわけではありませんのでご注意下さい。
この記事の編集・責任者は歯科医師の福本哲也です。
DR福本

小児歯科のQ&A

お子様の治療のよくある質問

Q.親から子供にむし歯が遺伝する可能性はありますか?
A.結論から申し上げて、むし歯は遺伝しません。むし歯は、むし歯菌が口内に侵入することで感染します。そのため、ご両親が口をつけた食器などを、お子様にも使用してしまうことや、愛情表現のキス等で感染するリスクがございますので、ご注意ください。 また、歯並びに関しては、ご両親の顎の骨の大きさや形、歯の硬さや生え方などが遺伝するケースがございます。 ただし、必ずしも遺伝だけで決まるというわけではなく、どちらかといえば日頃の生活習慣が歯並びに大きく影響します。例えば、糖分が含まれているお菓子を食べたあとに歯磨きが充分にできていない、指しゃぶりやなどの癖などは歯並びに影響する要因となりますので、改善する必要があります。
Q.赤ちゃんの歯磨きはいつ頃から始めれば良いでしょうか?
A.基本的には乳歯が一本でも生えたら歯磨きを始めることをおすすめします。まだ早いのでは?と感じるかもしれませんが、乳歯であってもミルクや母乳、離乳食などが付着します。口腔衛生はむし歯や歯周病、将来的には歯並びにも影響することがありますので、しっかりと磨いて口腔内を清潔に保ちましょう。歯磨きを拒否するお子様も多々いらっしゃるかと思います。もちろん、嫌がっているお子様に歯磨きを行おうとしても、余計に歯磨き嫌いになってしまう可能性があるので、お子様の機嫌が良いときを見計らって行いましょう。やり方としては、小さめの歯ブラシで、短時間でもいいので毎日少しずつ続けることで、慣れさせることがコツです。初めのうちは歯ブラシをかじるだけで終わってしまいがちですが、続けさせることで歯ブラシに慣れていくケースが多いです。
Q.歯磨きを嫌がる子供への対処法はありますか?
A.嫌がるお子様を押さえつけて、強引に歯磨きをすることはおすすめできません。だからといって、歯磨きをしないわけにはいきませんので、短時間でも良いので毎日必ず行うようにしましょう。「いずれ永久歯に生え変わるから」「乳歯の段階でむし歯になっても大丈夫じゃないの」というお考えは危険で、乳歯がむし歯になってしまうと、永久歯もむし歯になりやすくなる場合もあります。乳歯が1本でも生えたら、必ず1日1回は歯磨きをしてあげましょう。お子様が嫌がって、どうしても歯が磨けない・・という場合は、今日は右下の歯だけ、次の日は左下だけといったように、全ての歯ではなく、一部分だけでも磨いてあげましょう。歯磨きを行う際は、お子様の頭を、両足の太もも辺りで挟み込み、お子様の腕の上に足を乗せることで歯磨きがしやすい体勢になります。
Q.歯が生えるのが他の子供より遅いのですが、病気の可能性はありますか?
A.基本的に赤ちゃんの歯は、生後3〜9ヶ月前後に生え始めることが多いですが、歯が生える時期には個人差があるため、なかなか乳歯が生えてこなかったとしても、それほど心配する必要はないか場合が多いです。ただし、歯の数が先天的に少ない「先天性欠如歯」の場合は、歯科院にて特別な処置が必要になる可能性がございます。気になる場合は検診にお越しください。
Q.子供の歯並びを良くするために親ができることはありますか?
A.歯並びが悪くなる原因としては遺伝によるものだけではなく、日頃の生活習慣による影響も大きいため、指しゃぶりなどの癖を治すことが改善につながります。もしも歯科医師から、歯並びが悪くなる可能性があることを指摘されている場合は、小児矯正を行うことも検討して頂いた方がが良いかもしれません。小児矯正は歯並びを整えるだけでなく、顎の成長を助けて歯が並べるスペースを作る矯正です。大人になってからでは出来ない、「骨格を変える治療」となります。誰にでも適応する治療ではなく、当院では「この子は子供のうちに治療してあげたほうが良い」と歯科医師が判断した場合のみお声掛けさせて頂いております。お子様の矯正を始める時期としては7〜8歳頃が一般的ですので、具体的にどのような治療を進めるのかはしっかりと医師と相談されることをおすすめします。
Q.根面う蝕(根っこにできるむし歯)は予防できる?
A.根面う蝕にフッ素はとても有効です。歯茎がだんだん下がっていってしまうと、根っこが露出する量が増えていきます。露出量が増えてしまうとそれだけむし歯のリスクが大きくなりますが、フッ素のによる予防効果は期待できます。ただし、フッ素を塗布したからと言ってむし歯にならないというわけではありませんのでご注意下さい。
Q.フッ素を大量に飲み込んでしまった時はどうすればいいの?
A.市販のオーラルケアで大量にフッ素を飲み込むことは考えにくいです。4~5歳児(標準体重20kg)の中毒量はフッ素量40mgぐらいと言われています。つまり225ppmの洗口液約180ml(18回分)を一度に飲み込んだ場合の量ですので現実的ではありません。中毒量程度までなら基本的には排泄されるので問題はありませんが、気分が優れない場合はお医者さんに相談しましょう。
Q.フッ素を活用すればむし歯にはならないの?
A.いいえ、フッ素を使っているからと言ってむし歯を100%防げるわけではありません。フッ素は歯にとってとてもいいものですが、万能薬ではありません。むし歯にならないためには毎日のセルフケアや歯医者による定期的なクリーニングも大切で、フッ素はあくまでもサポートしてくれるものです。
この記事の編集・責任者は歯科医師の林大智です。

なんばアップル歯科

  • 〒542-0075 大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

※ただいま新型コロナウイルス対策の一環として、平日木曜日のみ延長診療を20:30(最終予約20:00)まで行なっております。

診療情報

休診日:日曜・祝日

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関のご利用が便利です
  • 南海なんば駅 から徒歩1分。南出口から東へ50m、信号渡って左手のビルの5階。
  • 地下鉄御堂筋線なんば駅 E9番出口から南へ徒歩1分
  • 近鉄大阪難波駅 から徒歩10分
  • 大阪シティバスなんばバス停 から徒歩5分

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科
  • 明石市大久保町高丘3-3-1
  • TEL078-935-4182

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科
  • 兵庫県加古川市平岡町土山909-33
  • TEL078-942-4185

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top