お子様の治療について

HOME > 一般診療 > 小児歯科 > お子様の治療について

お子様の歯を大切に育てるために

お子様とはコミュニケーションが大切です

アップル歯科ではお子様の歯の治療において、まずはじめに「歯医者への恐怖心、苦手意識」を払拭することが第一歩だと考えています。そもそも、お子様に限らず、歯医者とは「歯を削るのが痛い」「歯を削る音が嫌」など、ネガティブなイメージをお持ちの方も多数おられると思います。とくにお子様の場合、一度歯医者に行くことに対して抵抗を感じてしまうと、歯が痛くても我慢してしまうケースもあります。

むし歯は自然に治癒しない歯の病気です。早めに治療しなければ悪化して痛みもどんどん激しくなっていき、歯の神経を腐らせてしまう可能性も出来てきます。 当院では、お子様に前向きな気持ちでご来院いただけるよう、お子様に寄り添ったコミュニケーションを心がけ、お互いの信頼関係を築いてから治療を進めます。

治療において当院が大切にしている3つのこと

痛みを抑える

表面麻酔や極細の針などを使用することで、極力痛みを軽減できる治療を心がけます。

負担をかけない

お子様に寄り添ったコミュニケーションで不安や恐怖を緩和できるよう努めます。

むし歯予防指導

永久歯のことも視野に入れて、むし歯予防のむし歯になりやすい所や、正しい歯磨きをレクチャーします。

歯科治療は痛いというイメージを
払拭するための取り組み

痛みを抑える治療を心がけます

お子様が歯医者を避けるようになる最も大きな理由は「治療の痛み」にあると考えられます。「歯医者の治療は痛い」というイメージを抱かせてしまうことが、歯科医院嫌いにさせてしまうことにつながります。

そういった事態にならないよう、「歯科麻酔」と「コミュニケーション」の2つが重要になります。痛みを伴う治療であったとしても、麻酔が効くことで痛みを感じにくくなります。

また、麻酔針が刺さる痛みを緩和させる表面麻酔もございます。コミュニケーションにおいても、お子様にリラックスしていただけるような声かけを行うことで、治療に対する恐怖が緩和されるよう尽力します。

痛みを軽減させる6つの麻酔テクニック

  1. 表面麻酔を使用する
  2. 極細の針を使用する
  3. 痛点を避ける
  4. 麻酔駅は少しずつ注入する
  5. 針事態を見せないようにする
  6. 会話中にさりげなく打つ

お子様のペースで治療を進めます

お子様の治療において、無理矢理の治療はNGです。まずは歯医者に少しずつ慣れてもらうことが大切だと考えています。

  • 当院の治療では、泣き叫ぶほど嫌がるお子様を無理矢理押さえつけて治療をすすめることはありません。お子様にトラウマを植え付けてしまうことになり、二度と歯医者に足を運べなくなる可能性につながるからです。
  • 当もちろん、せっかくお時間を作ってご来院いただくので、多少嫌がっている程度の場合は、治療を進めることもございますが、基本的にはお子様に前向きな気持ちで治療に臨んでいただくことが一番だと考えております。
  • 当院としては、お子様に信頼していただけるコミュニケーションを心がけておりますが、どうしても話し合うよりも治療を優先して進めないといけないという場合は、保護者の方とご相談の上、全身麻酔、基幹病院へのご紹介なども検討します。

お子様が治療できるようになるために

少しずつ練習する

はじめから治療を開始するのではなく、治療に慣れていただけるように、まずは治療機器・器具を「見て」「触れて」「例えて」など少しずつ練習します。

小さなことでも褒める

椅子に座る、うがいができるなど、ほんのちょっとしたことに対しても褒めることが大切です。小さな成功体験を積み重ねることで、少しずつ治療に向き合ってもらえるよう促します。

T.S.Dテクニック法
TELL
これから何を行うのかを、お子様に伝わるようにご説明します。
SHOW
どのような機器・器具を使うのかをお見せして、用途をご説明します。
DO
SHOWで説明したことを実際にやってみます。

どのようなことを始めるのかが、しっかりと伝わることで治療と向き合えるようになるお子様もおられます。

モデリング学習法

保護者様がモデルとなり、治療風景を観察してもらうことで、模倣してもらう方法です。模倣学習ともいわれ、お子様が保護者様の行動を真似したくなることで、治療ができるようになることを目的としています。

むし歯にならないための習慣づくりが大切です

治療の必要がないお口の環境づくりを

当院はお子様も治療できる歯科医院を目指してはいますが、そもそもむし歯や歯周病にならなければ治療の必要もありません。

つまり、日頃からの正しい歯磨きなどのメンテナンスをし続けて、予防がしっかり出来ていれば、治療をするリスクは下げることができます。また、歯科院で定期的な検診を習慣にすることで、口腔内の異常を早期発見することができます。

むし歯や歯周病をお子様にうつさないことを心がけましょう

むし歯や歯周病は感染症だということをご存知でしょうか。お子様がむし歯や歯周病にかかってしまう理由として、大人の方が使用したフォークやスプーンなど食器を共有してしまったり、愛情表現のキスなどが原因で感染してしまっているケースが多々あります。

そもそも、生まれたての赤ちゃんには、むし歯菌や歯周病菌はおらず、どこからか感染しない限りはむし歯や歯周病になる可能性は低いのです。そのため、大切なお子様の歯を守るためには、大人の方がむし歯予防の意識を高めることが大切だといえます。

タグ: , , ,

お子様の治療について | 公開日: 2021/07/24 | 更新日: 2021/10/06 | by なんばアップル歯科

このページの関連記事

なんばアップル歯科

  • 〒542-0075 大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

※ただいま新型コロナウイルス対策の一環として、平日木曜日のみ延長診療を20:30(最終予約20:00)まで行なっております。

診療情報

休診日:日曜・祝日

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関のご利用が便利です
  • 南海なんば駅 から徒歩1分。南出口から東へ50m、信号渡って左手のビルの5階。
  • 地下鉄御堂筋線なんば駅 E9番出口から南へ徒歩1分
  • 近鉄大阪難波駅 から徒歩10分
  • 大阪シティバスなんばバス停 から徒歩5分

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科
  • 明石市大久保町高丘3-3-1
  • TEL078-935-4182

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科
  • 兵庫県加古川市平岡町土山909-33
  • TEL078-942-4185

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top