定期検診・予防歯科

HOME > 一般診療 > 定期検診・予防歯科

予防歯科

むし歯や歯周病を予防しましょう

予防歯科とは

皆さんは、歯が痛いと感じたら歯医者に行って治療をすると思います。しかし「痛くなる前に歯医者に行く」という方はどれぐらいおられるでしょうか。痛くなってから歯医者に行くということは、痛みを伴わない小さなむし歯や、歯周病のような症状がでにくい病気は見落とされがちです。

その結果、治療を終えると想像以上に歯を削られてしまったり、時には歯の神経を取らなければならないような場合もあります。つまり、「痛くなってから」の歯医者は、歯を守るという観点では優れていないということになります。

そこで、むし歯や歯周病にならない内に定期検診・予防処置などを行うのが「予防歯科」です。予防歯科の考え方は、歯科医師に行ってもらう処置「プロケア(プロフェッショナルケア)」と、患者様自身での歯磨き・歯間ブラシやフロスなどを行ってもらう「セルフケア」の2つのケアを合わせることで、むし歯や歯周病を予防して健康なお口を保つことです。

image

セルフケアとプロケア

歯磨きの励行が予防歯科としての一部に含まれているように、予防歯科とは患者様自身と歯医者の2つの観点から見たお口の健康の実現方法です。しかし、いい歯ブラシ・いい歯磨き粉を使っていたとしても、セルフケアのみではカバーしきれない部分もあります。

そういった部分を、歯科医院での「プロケア」で補ってもらうことで「予防歯科」が成立します。当院は「予防中心の歯科医院」を掲げており、予防を専門に扱う衛生士も所属していますので、初診時からの経過を記録として残し、患者様のお口の変化を見守り続けます。

しっかりとした正しいセルフケアをするための指導も行っておりますので、より効果的な予防歯科の実現ができるように心がけています。

image

歯医者を前向きな場所にする

2016年の調査では、1年間に1回以上「歯科医院もしくは病院の歯科でのチェック」を受けている人は 44.6%というDATAがあります(※1)。これは予防という考えがかなり浸透してきた結果だと思います。それでも、まだ半数以上の方が痛くなってから歯医者に行くということにもなります。

おそらくその方々は歯医者は怖い所という「イメージ」と、過去に痛い思いをしたという「経験」、一度で終わらない治療という「煩わしさ」の3つが大きいのではないでしょうか?当院はこの3つを払拭できるように設備を整えたり、患者様に説明を心がけることで「痛くなる前」に歯医者をご利用いただけるようになるのではないかと考えています。

怖い場所という「イメージ」を変えるために、院内の装いは明るく・清潔感を重視した「医院らしくない医院」で、良い意味で病院に来ていると感じにくい雰囲気を作っています。痛かったという「経験」を変えるために、医院全体で痛くない治療を心がけています。最新の治療方法も取り入れやすい環境を作っているので、安心して当院にお越しください。「煩わしさ」は定期検診で解決できます。むし歯になってからの治療だと、痛い思いをするうえに短期間で何度も通院しますが、定期検診なら3ヶ月に一度で済み、さらに痛い思いもしなくなります。それなら定期検診の方が良いですよね。

アップル歯科は、歯科医院が持っていた後ろ向きなイメージをもっと前向きにできるように、院内環境の整備や診療を心がけております。

image

※1)この1年間に1回以上、「歯科医院もしくは病院の歯科でのチェック」を受けている人は 44.6%

予防歯科の内容

むし歯のチェック・予防

普段から気を付けている人でもむし歯にはなってしまいます。基礎中の基礎ですが、予防歯科では目視で確認できないところまでしっかりとチェックしていきます。現在のセルフケアでお口の中がどうなっているのか、そのケアは正しいのかなどをプロが判断したうえで患者様に理解してもらうことが重要です。

特に予防歯科で歯医者を訪れる方は、健康でいたいと強く思われている方が多いので、正しい知識で正しい情報をお伝えすることを心がけております。

image

治療歯のチェック

これまでに治療した歯のチェックを行います。治療した歯は人工物です。特殊な接着剤で歯とくっついてはいますが、いずれ劣化し、隙間が出来たり欠けたりすることもあります。そのため、治療した歯の下にはむし歯ができやすく、発見が困難な場合も多々あります。

予防歯科では、この治療歯に隙間や変形がないか、対合(噛み合う反対側の歯)の歯に影響がないか、そのた不具合はないかなど、しっかりチェックし、問題がありそうな場合はレントゲンを撮るなど、二次カリエス(むし歯の再発)の早期発見・早期治療に役立てます。

image

歯周病のチェック・予防

むし歯のチェックと同様に歯周病が進行していないかチェックを行います。さらに、着色・歯石や歯石の素になる菌の塊(プラーク)を取り除いていきます。歯石の表面はざらざらしていて、ツルツルな歯の表面と比べて更なる汚れの付着を促してしまいます。歯石になってしまうとセルフケアではほぼ取り除くことができないため、歯周病が進行していないうちに除去することが望ましいです。

定期的に通っていただくことで、ブラッシングの癖や磨き残しが多い場所などを特定できたり、改善のための指導を行うこともできます。

image

セルフケアの指導

歯周病のチェックでブラッシングの癖が見抜けるため、それらを改善するための指導も行っております。子どもの頃に教わったブラッシングから知識がアップデートされていない人も多く、より良いセルフケアの知識を身につけていただくためにも大事であると考えております。

image
この記事の編集・責任者は歯科医師の林大智です。
DR林

歯のクリーニング

歯をきれいに保ちましょう

プロによる歯の清掃

クリーニングとは、歯石と歯垢(プラーク)・着色の除去を行うことを言います。稀にホワイトニングという歯を白くする施術と混同される場合がありますが、クリーニングは「歯を白くする」のが目的ではなく、「口腔内を掃除する」ことが目的です。

患者様のお口の中の状況によって施術の内容は変わりますが、クリーニングを行うことで歯の持つ本来の白さや美しさも取り戻すことができるため、お口の中を健康的・審美的に保つことができます。

プラークを放置してはいけいない理由

日常的に皆さんが行っている「歯磨き」は、歯垢という歯の表面に付着した汚れを取ることを目的としています。

なぜプラークや歯石を取り除く必要があるのかというと、プラークとは単なる食べかすではなく「菌の塊」だからです。

食べかすは水分の流れや舌の運動などで取れていきますが、プラークは菌とその代謝物からなるものなので粘性が高く、自然に取れることは稀です。プラークを放置すると、個人差はありますが2〜3日ほどで唾液と反応して石灰化(石のように固くなる現象)が起きてしまい、自分の力で取ることがほとんどできなくなってしまいます。

石灰化したプラークは歯石となります。歯石はデコボコでざらざらとしているため余計にプラークが溜まりやすく、この連鎖が続いていくのです。

石灰化はお口の中で起こる自然な作用なので問題はありませんが、お口の中に菌がたくさんいる状態を作ってしまうので、歯周病などが起きるリスクを高めてしまいます。どんなに気を付けていてもプラーク・歯石は付着してしまうので、クリーニングで除去してもらうことをお勧めいたします。

菌が多い人の口腔内

クリーニングの効果

見た目がキレイになります

着色しやすい飲み物(コーヒーや紅茶・お茶の茶しぶなど)や食べ物(ソースや舌に色が付いてしまうガム・飴)、タバコなどを日頃たしなんでいる方は、歯にステイン(しみ汚れ)がついてしまっている場合が多いです。

それらを取り除くことで歯が持つ本来のキレイな見た目・白さが得られます。

歯周病を防げます

プラークや歯石はご説明した通り、歯周病の原因となります。定期的なクリーニングを行うことで歯周病を未然に防止することができます。

また、前歯のような目立つ位置についているプラークや歯石は見た目も悪くしてしまうので、歯周病防止と同時にキレイな見た目も取り戻せます。

口臭が改善されます

ステインやプラークは、見た目だけの問題ではなく、イヤな臭いの発生源である場合もあります。

クリーニングで臭いのもとを取り除くことで、口臭の改善が期待できます。

この記事の編集・責任者は歯科医師の林大智です。
DR林

歯の定期検診

継続的な歯の健康管理

歯の定期検診とは

むし歯や歯周病にならないようにするためには、「食生活に気をつける」「歯磨きをしっかりする」といった患者様自身で行うセルフメインテナンスのほかに、歯科医院で定期的に口腔内を検査し予防処置を行うことも有効です。自分だけで行う虫歯・歯周病予防ではどうしても見落としが出てきてしまうだけでなく、歯磨きだけでは歯垢を100%除去することはできません。自分で落としきれない歯垢の除去や、むし歯・歯周病のチェックのためにも歯の定期検診を受けましょう。

定期検診は「虫歯や歯周病にならない(再発させない)こと」が最大の目的です。定期的に診察してもらうことで、万が一虫歯や歯周病にかかってしまったとしても早い段階で治療することができます。

海外の健康保険制度のない地域では、一度虫歯になってしまうとかなりの費用がかかってしまうため、定期検診が定着しているところもありますが、本当に大切なのは、歯を削らないようにすることです。歯は替えの効かない体の一部で、一度削ると元には戻りません。だからこそ当院では、これ以上歯を削ることのないように、年に3〜4回の定期検診を推奨しています。

image

定期検診はなぜ必要なの?

歯医者の治療の大半は保険適用で治療した歯の再発治療です。残念ながら、保険診療においては最低限の定められた範囲でしか治療を認められておらず、保険診療で使われる銀歯や強化プラスチックの歯は虫歯の再発を引き起こしやすいというデメリットがあります。そのことを理解していないと、治療した歯は再発を繰り返し、どんどん歯質を失ってしまうのです。

自由診療を利用すれば虫歯になりにくい素材を選ぶこともできますが、その分費用も高くなってしまいます。これまでに失ってしまった歯を取り戻すことはできませんが、これから失わないように予防することはできます。ですので、保険治療で直した歯がある患者様こそ、より一層定期検診をお勧めしております。

また、お口の中にたまった菌の塊であるプラークは、全体のおよそ60%ほどしか歯ブラシで除去できていないと言われています。残ったプラークは蓄積していき、やがてそれが固まり歯石となります。定期検診では、このプラークや歯石を落とすこともできるので、お口のチェックだけでなくクリーニングまで扱っているのです。

image

定期検診では何を診るの?

①むし歯や歯周病になっていないか

経過観察中の小さなむし歯の確認や、新たなむし歯の有無、歯周ポケットの変化や歯肉の状態の変化を確認します。

image

②治療歯のメインテナンス

すでに治療した歯の点検やメインテナンス、治療した歯の下・すき間に二次的な虫歯が出来ていないかなどを確認します。

image

③プラーク・歯石の除去

患者様自身では落としきれていない歯の汚れ(プラーク・バイオフィルルム・歯垢)や歯石の除去、歯の着色や汚れのクリーニングを行います。

image

④口腔がん等の異常の確認

40歳以上の方は口腔がんの疑いがある腫瘍がないかなども、視診で確認します。
そのほか歯以外の口腔全体のチェックも行います。

image
この記事の編集・責任者は歯科医師の林大智です。
DR林

デジタル歯科検診(自由診療)

お口の中を隅々まで診てみませんか?

当院ではデジタル歯科検診も取り扱っています

基本的な歯科検診では、患者様の要望される部分の治療や、歯科医師が目視で確認できる部分の診察となりますが、スキャナーを用いた口腔内の3Dモデルを作成して今後起こりうる問題点を探したり、CT撮影によって顎の骨まで観察することができる「デジタル歯科検診」も当院では取り扱っております。

デジタル歯科検診では、デジタル化されたデータを見ながらご一緒に治療や対策が必要な点を探しますので患者様自身の理解も深まりやすく、自分のお口についてよくお知りになりたい場合にお勧めしております。

image

デジタル歯科検診の詳細

光学式口腔内スキャナー(iTero)

image

特殊なスキャナーでお口の中を3Dモデルで観察することができます。歯並びの改善シミュレーションが最短15分で行えるほか、目視で確認しづらい部分の歯垢・歯石や虫歯を発見できます。

歯科用CT

image

口腔内スキャナーでは見えない歯ぐきの中を見たり、親知らずの生え方などを確認できます。
歯科用CTは被ばく線量も少なく安心です。

デジタルレントゲン

image

パノラマレントゲン・セファログラム・デンタルレントゲン等の各種レントゲンをデジタルで撮影し、口腔内およびお口周辺に問題がないか確認します。

光学式口腔内スキャナーについて

従来歯型を採るためには歯型採取用のガムを噛んで採取していましたが、口の中いっぱいに異物を入れなければならないため苦手とされる患者様が多く、嘔吐反射などのリスクもありました。当院が採用している光学式口腔内スキャナーは、ガムを噛むことなくスキャナーを歯に当てるだけで歯型を採取することができます。

また、歯型を採取するだけでなく、目視では確認しづらい歯と歯の間の虫歯を発見できたり、プラークや歯石の取り残しが無いかまで確認することができるので、定期検診の手段としても利用できます。

そのほか、歯列矯正のシミュレーションや噛み合わせの状態確認も行えるので、歯並びについて疑問がある方や矯正に興味のある方にも、スキャンデータを見ながら矯正のご提案ができます。

image

口腔内スキャンでできる5つのこと

3Dデジタル歯型の作成

スキャナーを使ってお口の中を読み取り、デジタルの模型を作成します。

歯と歯の間の虫歯の発見

視認しづらい隣接面の虫歯確認も可能となります。

プラーク・歯石の確認

スキャナーに付いているカメラを使って、磨き残しのチェックができます。

矯正シミュレーション

矯正した場合にどうなるかを自動で計算して確認することができます。

噛み合わせチェック

歯の擦り減りや噛み合わせで問題がないかチェックできます。

image

歯の検診・予防歯科のQ&A

歯の検診・予防歯科のよくある質問

Q.歯科検診に通っていればむし歯になりませんか?
A.いいえ、残念ながら検診に足繁く通って頂いても、むし歯になることはございます。しかし、そのリスクを大幅に軽減することは可能です。むし歯も歯周病も、口腔内の菌によって罹患・進行します。そのむし歯や歯周病菌の住処を奪ってしまうのが、「予防歯科」だとお考え下さい。例えばがん検診は「がんがあるか、その疑いはあるか」を診ることがメインですが、予防歯科は「むし歯や歯周病があるか」だけでなく、むし歯や歯周病リスクを下げる処置を行う治療でもあります。
また、虫歯になっても小さなものでしたら少ない切削量ですむことがあります。しかし、気づかずに痛みが出るまで放置してしまうと、神経を取る処置が必要となってしまいます。定期検診は「むし歯や歯周病の早期発見・早期治療」という意味合いの他に、「歯の神経を守る」という側面もあります。
Q.検診だけで通っても大丈夫ですか?
A.もちろんです。歯医者はむし歯や歯周病など「何かあったとき」だけに利用する場所ではなく、「何もなくても」利用頂ける場所です。もし、お越し頂いて、本当に何もなかった場合でも、ご自身では取り除けなかった歯垢・歯石の除去や、歯磨きが苦手な部分の指摘など、更にむし歯や歯周病のリスクを下げるための処置やアドバイスも行っています。エステやスポーツジムに通う感覚で、ご自身のメインテナンスのつもりでご利用頂けましたら幸いです。
Q.長年他院で予防歯科に通っていたのにむし歯になったのはなぜですか?
A.たいへんお答え辛いですが、むし歯になるのはご本人の責任によるところが大きいというのが現実的な話です。予防歯科は、むし歯や歯周病の「リスクを下げる」ことが目的あり、ゼロにできることはありません。また、金属の詰め物や被せ物の下に出来たむし歯は、レントゲンで移りにくいこともあり、痛みがでるまで再発に気づかないこともよくある話です。
根本的にむし歯になるのは、細菌・糖質・歯の質と時間の経過によるものです。これらに気をつけて生活を送って頂き、更に予防歯科に通っていただくことで、むし歯になる可能性を下げることが出来ます。むし歯にならなくすることはできませんが、むし歯にならないようにするためにお手伝いはさせていただきます。そのためには、患者様のご協力も必要ということをご理解頂けると幸いです。
Q.定期検診や予防歯科は痛いですか?
A.検診や予防で明らかに「痛い」と感じる処置はほとんどありません。しかし、痛みというのは個人差が大きいですので、例えば歯と歯ぐき間を少し触っただけで「痛い」と感じる方もおられます。その場合は、予防処置であっても麻酔を使用することは可能ですのでお気軽にお申し付け下さい。その場合の麻酔の費用は特に請求致しません。
Q.学校(企業)で歯科検診を受けているのですが検診に行く必要はありますか?
A.歯を大切にするのならお越し頂いた方が良いかと思います。学校や会社の歯科検診というのは、歯科医がグルっと歯の状態を見ていくものではないでしょうか?その場合、目で見えない部分や前回との比較などはできません。また、明らかに大きな歯石があっても、それを落としてくれることはないかと思います。
一方、歯科医院での検診は、レントゲンや写真で見えない部分の診査や前回との比較を行うだけではなく、歯石や歯垢、着色の除去も行うことが可能です。2〜3分で流れ作業の中歯をざっくり見るのと、レントゲンや写真、視診を含めて検査し、歯垢や歯石取りの処置を行う歯科医院の検診では、大きく内容が異なります。
Q.定期検診で見つからないむし歯はありますか?
A.残念ながらあります。100%見つからないわけではありませんが、見つからないこともあるというむし歯があるのです。
見つけにくいむし歯は主に3パターンほどあります。1つは隣接面う蝕という、歯と歯の間の重なったところにできたむし歯です。これはパノラマレントゲンでは写らないこともありますが、デンタルレントゲンやCTでは確認することができます。その他にも当院ではiTeroという光学式口腔内スキャナーで見ることで、このタイプのむし歯を見つけることがよくあります。
2つ目は金属の詰め物や被せ物の下に出来たむし歯です。この場合、金属の影響でレントゲンには写り込まず、詰め物や被せ物を取った時点でむし歯の進行に気づくことも少なくありません。これを回避するには、むし歯になりにくい素材(セラミックや金)の補綴物に変えていただくことが一つの方法となります。
3つ目は小さなヒビから入り込んだむし歯が、歯の内側で進行した場合です。これもiTeroやデンタルレントゲン、一般的なパノラマレントゲンでも見つけることができます。
いずれも、視診や一般的なパノラマレントゲンではわかりにくいむし歯はありますが、iTeroやCTを使うことで発見率を高めることは可能です。ご心配な場合は、デジタル検診(自由診療)を受診いただければ、最新の機器を使ってしっかり診させて頂きます。
この記事の編集・責任者は歯科医師の林大智です。

なんばアップル歯科

  • 〒542-0075 大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

※ただいま新型コロナウイルス対策の一環として、平日木曜日のみ延長診療を20:30(最終予約20:00)まで行なっております。

診療情報

休診日:日曜・祝日

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関のご利用が便利です
  • 南海なんば駅 から徒歩1分。南出口から東へ50m、信号渡って左手のビルの5階。
  • 地下鉄御堂筋線なんば駅 E9番出口から南へ徒歩1分
  • 近鉄大阪難波駅 から徒歩10分
  • 大阪シティバスなんばバス停 から徒歩5分

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科
  • 明石市大久保町高丘3-3-1
  • TEL078-935-4182

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科
  • 兵庫県加古川市平岡町土山909-33
  • TEL078-942-4185

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top