歯の検診・予防歯科のQ&A

HOME > 一般診療 > 定期検診・予防歯科 > 歯の検診・予防歯科のQ&A

歯の検診・予防歯科のよくある質問

Q.歯科検診に通っていればむし歯になりませんか?
A.いいえ、残念ながら検診に足繁く通って頂いても、むし歯になることはございます。しかし、そのリスクを大幅に軽減することは可能です。むし歯も歯周病も、口腔内の菌によって罹患・進行します。そのむし歯や歯周病菌の住処を奪ってしまうのが、「予防歯科」だとお考え下さい。例えばがん検診は「がんがあるか、その疑いはあるか」を診ることがメインですが、予防歯科は「むし歯や歯周病があるか」だけでなく、むし歯や歯周病リスクを下げる処置を行う治療でもあります。
また、虫歯になっても小さなものでしたら少ない切削量ですむことがあります。しかし、気づかずに痛みが出るまで放置してしまうと、神経を取る処置が必要となってしまいます。定期検診は「むし歯や歯周病の早期発見・早期治療」という意味合いの他に、「歯の神経を守る」という側面もあります。
Q.検診だけで通っても大丈夫ですか?
A.もちろんです。歯医者はむし歯や歯周病など「何かあったとき」だけに利用する場所ではなく、「何もなくても」利用頂ける場所です。もし、お越し頂いて、本当に何もなかった場合でも、ご自身では取り除けなかった歯垢・歯石の除去や、歯磨きが苦手な部分の指摘など、更にむし歯や歯周病のリスクを下げるための処置やアドバイスも行っています。エステやスポーツジムに通う感覚で、ご自身のメインテナンスのつもりでご利用頂けましたら幸いです。
Q.長年他院で予防歯科に通っていたのにむし歯になったのはなぜですか?
A.たいへんお答え辛いですが、むし歯になるのはご本人の責任によるところが大きいというのが現実的な話です。予防歯科は、むし歯や歯周病の「リスクを下げる」ことが目的あり、ゼロにできることはありません。また、金属の詰め物や被せ物の下に出来たむし歯は、レントゲンで移りにくいこともあり、痛みがでるまで再発に気づかないこともよくある話です。
根本的にむし歯になるのは、細菌・糖質・歯の質と時間の経過によるものです。これらに気をつけて生活を送って頂き、更に予防歯科に通っていただくことで、むし歯になる可能性を下げることが出来ます。むし歯にならなくすることはできませんが、むし歯にならないようにするためにお手伝いはさせていただきます。そのためには、患者様のご協力も必要ということをご理解頂けると幸いです。
Q.定期検診や予防歯科は痛いですか?
A.検診や予防で明らかに「痛い」と感じる処置はほとんどありません。しかし、痛みというのは個人差が大きいですので、例えば歯と歯ぐき間を少し触っただけで「痛い」と感じる方もおられます。その場合は、予防処置であっても麻酔を使用することは可能ですのでお気軽にお申し付け下さい。その場合の麻酔の費用は特に請求致しません。
Q.学校(企業)で歯科検診を受けているのですが検診に行く必要はありますか?
A.歯を大切にするのならお越し頂いた方が良いかと思います。学校や会社の歯科検診というのは、歯科医がグルっと歯の状態を見ていくものではないでしょうか?その場合、目で見えない部分や前回との比較などはできません。また、明らかに大きな歯石があっても、それを落としてくれることはないかと思います。
一方、歯科医院での検診は、レントゲンや写真で見えない部分の診査や前回との比較を行うだけではなく、歯石や歯垢、着色の除去も行うことが可能です。2〜3分で流れ作業の中歯をざっくり見るのと、レントゲンや写真、視診を含めて検査し、歯垢や歯石取りの処置を行う歯科医院の検診では、大きく内容が異なります。
Q.定期検診で見つからないむし歯はありますか?
A.残念ながらあります。100%見つからないわけではありませんが、見つからないこともあるというむし歯があるのです。
見つけにくいむし歯は主に3パターンほどあります。1つは隣接面う蝕という、歯と歯の間の重なったところにできたむし歯です。これはパノラマレントゲンでは写らないこともありますが、デンタルレントゲンやCTでは確認することができます。その他にも当院ではiTeroという光学式口腔内スキャナーで見ることで、このタイプのむし歯を見つけることがよくあります。
2つ目は金属の詰め物や被せ物の下に出来たむし歯です。この場合、金属の影響でレントゲンには写り込まず、詰め物や被せ物を取った時点でむし歯の進行に気づくことも少なくありません。これを回避するには、むし歯になりにくい素材(セラミックや金)の補綴物に変えていただくことが一つの方法となります。
3つ目は小さなヒビから入り込んだむし歯が、歯の内側で進行した場合です。これもiTeroやデンタルレントゲン、一般的なパノラマレントゲンでも見つけることができます。
いずれも、視診や一般的なパノラマレントゲンではわかりにくいむし歯はありますが、iTeroやCTを使うことで発見率を高めることは可能です。ご心配な場合は、デジタル検診(自由診療)を受診いただければ、最新の機器を使ってしっかり診させて頂きます。
この記事の編集・責任者は歯科医師の林大智です。
タグ: , ,

歯の検診・予防歯科のQ&A | 公開日: 2021/07/26 | 更新日: 2021/07/26 | by なんばアップル歯科

このページの関連記事

なんばアップル歯科

  • 〒542-0075 大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

※ただいま新型コロナウイルス対策の一環として、平日木曜日のみ延長診療を20:30(最終予約20:00)まで行なっております。

診療情報

休診日:日曜・祝日

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関のご利用が便利です
  • 南海なんば駅 から徒歩1分。南出口から東へ50m、信号渡って左手のビルの5階。
  • 地下鉄御堂筋線なんば駅 E9番出口から南へ徒歩1分
  • 近鉄大阪難波駅 から徒歩10分
  • 大阪シティバスなんばバス停 から徒歩5分

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科
  • 明石市大久保町高丘3-3-1
  • TEL078-935-4182

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科
  • 兵庫県加古川市平岡町土山909-33
  • TEL078-942-4185

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top