咬み合わせ治療

HOME > 一般診療 > 咬み合わせ治療

咬み合わせについて

咬み合わせ(かみあわせ)治療

理想的な咬み合わせとは?

人間の永久歯は通常、上が14本、下も14本の合計28本生えております(親知らずを含めると32本)。そもそも咬み合わせとは、上下の顎(あご)の歯を咬んだときに接触することを指し、「咬合(こうごう)」ともいいます(ちなみに、「咬み合わせ」は顎の方を指し、「噛み合わせ」は歯の方を指します)。人間の歯とは、上顎と下顎の歯が咬み合うことで機能しますが、理想的な咬み合わせとしては、上顎の歯1本に対して下顎の歯2本が咬み合った「一歯対二歯咬合」という状態が望ましいです。

28本の歯がバランスが良く、しっかり咬み合っている状態といえます。とはいえ、「一歯対二歯咬合」でなければ問題があるわけではなく、痛みや違和感がなく、日常生活に支障がなければ気にすることはございません。ただし、加齢とともに、ある時急に、痛みを感じることがあります。少しでも違和感を感じたら歯科医院で診断を受けることをおすすめします。症状にあわせた適切な治療を行い、痛みを原因を解決することが大切です。

咬み合わせが悪いことによるリスク

上顎と下顎のズレ、歯並びが悪いことが理由で、上下の歯の咬み合わせが良くない状態を総称して「不正咬合(ふせいこうごう)」と言います。不正咬合の状態ですと、むし歯や歯周病になりやすくなったり、歯の噛む機能が低下することにつながってきます。また、症状が悪化すると下記のような歯の病気になる可能性もあります。

リスク1)咬合性外傷 咬み合わせが悪いことで、歯に大きな負担をかけてしまい、口の中や歯の周りの組織(歯周組織)や顎の骨などだけでなく、歯根膜という歯を覆っている膜を傷つけてしまっている状態です。
リスク2)顎関節症 口を開こうとすると、顎に痛みを感じたり、口を大きく開けられなかったり、顎から音がする等といった症状です。顎関節症の病態は(※1)4つに分類されます。

※1)日本顎関節学会による顎関節症の病態分類(2013)を表1に示す。

リスク3)むし歯 そもそも歯並びがよい人でも歯のスキマまで完璧に歯磨きをすることは困難なのですが、不正咬合によってさらにブラッシングが難しくなります。そのため、歯垢や歯石が溜まりやすい状態になってしまうため、細菌が繁殖しやすくなります。また、咬合力の影響で、治療後の補綴物が変形する可能性もあります。
リスク4)歯周病 咬み合わせが悪いことで、一部の歯に力負担をかけてしまうことで歯周病を進行させてしまうケースもあります。
リスク5)歯の欠損 咬み合わせが悪いことによって、歯や顎に負担をかけてしまうため、歯にヒビが入ってしまったり、割れてしまう「歯根破折」になってしまう可能性もあります。
リスク6)補綴物の破損 過度な咬合力、歯ぎしりによって、補綴物が外れてしまったり破損してしまう可能性もあります。
リスク7)咬合関連症 咬み合わせの異常が関連して、頭痛・肩こり・手足の運動および知覚障害・難聴・めまい・​立ちくらみなど、全身の異常を引き起こすことを指します。

不正咬合の種類

叢生(そうせい)

歯が部分的に重なりあってデコボコになっている歯並びのことです。乱ぐい歯とも呼ばれています。

空隙歯列(くうげきしれつ)

歯と歯の間に隙間がある状態のことです。すきっ歯とも呼ばれています。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上の歯列が下の歯列よりも前に突出している状態です。出っ歯とも言われています。

下顎前突(かがくぜんとつ)

下顎の前歯が上顎の前歯よりも突出している状態です。受け口ともの言われています。

開咬(かいこう)

口を閉じている状態で、奥歯は噛み合っているのに前歯が噛み合っておらず、常に上下の前歯に隙間ができている状態のこと。別名オープンバイトとも呼ばれています。

過蓋咬合(かがいこうごう)

奥歯をかみしめた時に、下の前歯が見えないほど上の前歯が覆うように深く咬み合あった状態です。

奥歯を大切にしましょう

当院では、複数の治療が必要な場合、まず奥歯からしっかり治療することが多くあります。これは、奥歯をしっかり噛み合わせることで、咬み合わせの崩壊を防ぐためです。

6歳臼歯が正常な咬合の要です

6歳臼歯(第一大臼歯)と呼ばれる歯は、歯の中で最も大きく、咬む力が強くかかる歯で、咬み合わせを決める重要な役割を担っています。

また、不正咬合の診断を行う上で、上下の6歳臼歯の位置関係が重要になります。

正常な位置を「Ⅰ級」、下の6歳臼歯が上の6歳臼歯よりも後ろ側で咬み合っている場合は「Ⅱ級」、逆に下の6歳臼歯が上の6歳臼歯よりも前側で咬み合っている場合を「Ⅲ級」と言います。つまり6歳臼歯が「Ⅰ級」かつ、1歯対2歯が理想的な咬合だと言えます。

この記事の編集・責任者は歯科医師の林大智です。

顎関節治療

顎関節症(がくかんせつしょう)の診断と治療

顎関節症とは?

顎関節症は、むし歯、歯周病に次ぐ第三の歯科疾患と言われているほど広く知られている疾患です。お口を開けようとすると、顎に痛みを感じる、「パキッ!」と音がするなど、顎に違和感を感じている方は、顎関節症の可能性があります。顎(あご)が痛い、顎を動かすと音がするといった症状は顎関節症の主な特徴でして、口が開かなくなるケースもございます。顎関節症は、日頃の生活の中で無意識のうちに習慣化している行動が原因となっている場合が多いため、原因をつきとめ、自覚して改善していただくことが予防対策につながります。少しでも違和感を感じたらまずは相談にお越し下さい。患者様に応じた治療法・対処法をご案内致します。

顎関節症の状態は、大きく分けて4つに分類されます

  1. 「咀嚼筋痛障害(そしゃくきんつうしょうがい)」
    咀嚼筋というお口を開けたり閉めたりするための筋肉が痛む状態です。特徴としては食事の際に、頬やこめかみの痛みなどがあります。
  2. 「顎関節痛障害(がくかんせつつうしょうがい)」
    お口を開けたり閉めたりした際、耳の中や周辺に痛みを感じます。
  3. 「関節円板障害(かんせつえんばんしょうがい)」
    お口を開けた際に、関節円板の位置のズレや変形の影響で「カクカク」というような音がします。
  4. 「変形性顎関節症(へんけいせいがくかんせつしょう)」
    関節円板が前にずれることに加えて、加齢により軟骨が薄くなると、下顎頭(かがくとう)と下顎窩(かがくか)が直接当たっている状態になってしまうことで骨が変形します。特徴の一つとして咀嚼時に「じゃりじゃり」というような音がします。

顎関節症の症状とは?

お口の開閉時に以下の部位に痛みを感じる方が多いです。

  • 耳の下
  • こめかみ
  • 側頭部
  • 下顎角(下顎の後端)
  • 耳の穴の前
  • 首の深部

あなたは大丈夫?顎関節症セルフチェック

1)噛みやすい方ばかりで噛む癖がある
2)顎、のど、目、こめかみが痛い
3)食事をする時以外でも、噛みやすい方で噛んでしまうことが多い
4)重たい荷物を運ぶ機会が多く、歯を食いしばることが多い
5)近頃、首と肩に痛みを感じる
6)近頃、顎に違和感があり動かしにくい
7)口を開けた際に、顎が引っかかっている感触がする
8)口を開け閉めするたびに音がする
9)こめかみ、耳の中、耳の前方、耳の下、肩、背中に痛みを感じる

上記は全て顎関節症によくみられる症状です。4個以上の項目に当てはまる方は注意が必要です。まずはご相談にお越しください。
※上記はあくまで目安です。顎関節症の診断は歯科医院で検査をする必要があります。

顎関節症の治療方法

当院は「スプリント療法」という治療方法をメインに行なっており、就寝中にマウスピースを装着することで歯ぎしりや食いしばりによる負担を分散、軽減します。スプリント療法だけに限らず、投薬治療や生活指導を行う場合もございます。

生活習慣の改善

顎関節症の原因は生活習慣にあるケースがあります。例えば机や床に頬杖をつく癖でしたり、猫背になりがちという方は要注意です。このような日頃の癖を見直すことが重要です。

スプリント療法

人によっては、就寝中に歯を食いしばったり、歯ぎしりしてしまうことで顎関節や筋肉に大きな負担をかけてしまっている場合があります。そこで、スプリントといわれるマウスピースを使用し、顎関節にかかる負担をコントロールする治療法です。

手術による治療(外科治療)

顎が上下左右に大きくずれてしまっている「顎変形症」の状態等、スプリント療法だけでは改善が困難な場合があります。その場合でもより専門性の高い医療機関をご紹介致しますのでご安心下さい。

咬合性外傷

「咬合性外傷」は咬み合わせの病気です

咬合性外傷とは

咬合性外傷とは、歯並びや顎のかみ合わせが悪いことが影響して、歯そのものや歯周組織、顎の関節を傷つけてしまっている状態のことを指します。そもそも歯は、我々の日常生活において、咬み合わせによる力を負担する役割も担っています。人間が歯を食いしばったり、食事をする際の、咬む力(咬合力)は通常で約50kg〜100kgだと言われております。

さらに、就寝時の歯ぎしりになると、約500〜1,000kgもの荷重がかかっています。歯は、これほどのダメージを両隣の歯を支え合い、分散してくれています。そのため、歯が一本でもバランスを崩してしまったり、歯が正常に咬み合っていなければ、歯に負荷をかけ続けることになるため、歯を支えている歯槽骨や歯根膜にまでダメージが蓄積され、最悪の場合は歯が抜けてしまうケースもございます。このように、強い力をかけることで起こる歯周組織の外傷を「一次性咬合性外傷」と言います。

咬合性外傷の種類

咬合性外傷は原因によって「一次性咬合性外傷」と「二次性咬合性外傷」に分かれます。

前項でも述べたように、強い咬合力をかけることで歯周組織を傷つけてしまっている状態が「一次性咬合性外傷」です。一方で、歯周炎(歯周病)の進行によって起こる外傷を「二次性咬合性外傷」と言います。「二次性咬合性外傷」は、咬合力が正常であっても、歯周病で脆くなっている歯茎や歯槽骨などが歯を支えきれなくなっているためダメージを受けてしまっている状態です。

(1)一次性咬合性外傷

歯ぎしりや、強く食いしばりなど、強い力が加わっていることが原因で起こる、歯周組織の外傷です。治療としては、咬合や修復物の調整(やり直しのケースもあります)、ナイトガード(マウスピース)を用いて咬合力を緩和するといった方法があります。

(2)二次性咬合性外傷

咬合力が原因となる一次性咬合性外傷に対して、二次性咬合性外傷の原因は歯周病です。歯槽骨が溶ける(歯槽膿漏)ことで脆くなってしまうため、咬合力が正常であっても起こります。症状は歯に痛みを感じたり、歯が浮いた感覚などがあります。治療としては、まず歯周病治療を行うことで状態を安定させます。また、ブラッシング指導やナイトガードによる咬合力の緩和なども併せて行います。

咬合性外傷を放置することによるリスク

1本の歯を失うことによる損失

咬合性外傷を放置すると、最悪の結果としては抜歯に至ることがあります。

例えばそれで奥歯を失うと、「咬合崩壊(こうごうほうかい)」を引き起こす原因となりますす。咬合崩壊は、例えるならば、柱を1本失った家のような状態で、咬む力に耐えきれずぺシャっと潰れてしまいます。更に放置し続けると、歯全体が徐々に前方向に倒れていき、いずれは前歯を失うこととなります。

このように、たった1本の歯がなくなってしまうことで、他の歯まで失うリスクを伴います。少しでも顎や歯に違和感を感じるなら、すぐに歯科医師にご相談することをおすすめします。

治療と予防について

「一次性咬合性外傷」と「二次性咬合性外傷」は原因が異なるため、治療も予防方法も変わります。

●一次性咬合性外傷・・・治療:咬み合わせの診察と調整。マウスピース装着。

●二次性咬合性外傷・・・治療:歯周病治療。

いずれも症状が出てしまうと歯だけでなくそれを支える歯槽骨にまで影響が及んでしまうのが咬合性外傷です。そのため、咬合性外傷にならないために「日頃から予防すること」が大事です。歯科医院での定期検診に通い、ご自身の口腔内をレントゲンや歯科医師の視診によりチェックし続けることが1番の予防対策になります。歯科医院で診察をすることで異常に気付き、咬合性外傷を起こす前に、歯の高さを調整したり、歯並びを改善することで歯を失うリスクを下げることにつながります。

咬み合わせの診断について

咬み合わせ検査の必要性

自分ではわからない咬み合わせの異常

当院ではどんな治療においても「咬み合わせ」を考えて治療を行っています。咬み合わせは歯や歯茎だけでなく、歯を支える歯槽骨(しそうこつ)を健康に保つために重要な要素の一つだからです。

咬み合わせが悪いと、食べ物が咬みにくくなったり、話をする際に発音がしづらい等の症状を引き起こす可能性がありますが、初期の段階では自覚症状がないケースも多いので、見た目が気にならなければ特に問題はないと判断される方がほとんどです。

しかし、咬み合わせが悪いと、いずれ歯や口腔内に異常が現れたり、肩こりや頭痛などの不定愁訴を引き起こす可能性もあります。そのため、当院ではお越し頂いた患者様の歯に対する疾患だけでなく、 咬み合わせも含めた診断を初診時に行うことを徹底しています。

咬み合わせの検査方法

パノラマレントゲン

全ての歯と顎骨の状態を把握するためのレントゲン撮影法です。

セファログラム

お顔の側面を撮影することで顎骨にズレがないかなど、精密にチェックします。

口腔内写真

レントゲンにはうつらない粘膜などを記録し経過観察を行います。

顔貌写真

顔貌を撮影をすることで形態、対称性、表情などを診査します。

模型作成

お口の中を立体的に診断するため、模型を作成します。

光学印象

不正歯列、早期接触・咬頭干渉・無接触など、上下の歯がどのように接触しているかをチェックします。

光学式口腔内スキャナーによる咬み合わせ診断

iTero(アイテロ) 5D

アップル歯科では「iTero 5D」という光学式スキャナーを使用して、咬み合わせの診断を行います。「iTero 5D」では口腔内を写真撮影・計測を行い、3Dデータを作成した上で歯の模型を作成します。

「iTero 5D」では次のような事が可能です。

  • 撮影を重ねることで、口腔内の経時変化を比較することができます。
  • 刃の摩耗やすり減りを確認し、噛み癖や歯と歯の接触状況を確認できます。
  • 印象(歯の型)データを採得でき、口腔内の写真も撮れます。
  • 肉眼では確認が難しい「隠れむし歯」も発見できます。
  • 歯に付着している歯垢や歯石などの状態もデータで見れます。

このように、お口の中をスキャンすることで、口腔内の状態を正確に把握するこができ、精度の高い治療が可能となります。

歯ぎしりや食いしばりから歯を守るナイトガード

歯ぎしりや食いしばり対策のマウスピース

ブラキシズムとは

ストレスなどが原因となって、就寝中、無意識のうちに歯ぎしり(ブラキシズム)をしているという場合、歯や歯槽骨、顎などに大きな負担をかけてしまいます。

歯へ負担がかかることで、破折(歯にヒビがはいること)や歯の擦り減りなどに繋がってしまいます。ナイトガードは、そういった歯ぎしりや食いしばり(クレンチング)から歯や顎などを保護するマウスピース型矯正装置です。

睡眠時の噛みしめる力は、覚醒時の116%もあるという報告もあり、成人男性ひとり分ほどの体重がかかっている状態です。また、覚醒時であっても無意識に上下の歯を接触させ続けてしまっている「噛み続け癖(TCH)」と呼ばれるケースもあり、自覚することが難しいといわれています。

歯ぎしりが気になる方

周囲の方から歯ぎしりを指摘されることがある、緊張・集中しているときに歯ぎしりをしている気がする、という方は注意が必要かもしれません。日頃から、できる限り上下の歯を接触させないという意識を持ち、夜間はナイトガードを装着して就寝することで歯へのダメージが軽減できる可能性があります。

ナイトガードをお口に入れることで、ナイトガード本体の厚みの分だけ噛みあわせの位置が高くなって、歯ぎしりを緩和できる効果が期待できます。ただし、ナイトガードを使用したからといって、食いしばりの癖がなくなるわけではなく、あくまで就寝時の食いしばりから歯を守るという目的で使用します。また、顎の関節にかかる負担も軽減できるメリットの1つです。

※1)自家歯牙移植、MTM、歯周組織再生療法を行った後、歯ぎしりに対してナイトガードの継続使用を指示した。初診時に見られた咬合崩壊は認めず10年経過した現在も歯周組織の安定維持が得られている。その要因としてナイトガードの継続使用が有効であると考えられた。

ブラキシズム(歯の食いしばり・歯ぎしり)には3種類あります

●グライディング

上下の歯を、左右に擦り合わせている状態です。ギリギリという音がすることが特徴的です。

●クレンチング

上下の歯を強く噛みしめている状態です。音が聞こえづらいので気づきにくいタイプです。

●タッピング

上下の歯をぶつけ合うことで、カチカチッという音が出るタイプです。

ブラキシズムが引き起こす症状

1.歯がすり減る。ヒビが入る。

上下の歯を激しくこすり合わせてしまっているため、歯がすり減り、徐々に平らな状態に近づいてしまいます。さらに強い負荷をかけ続けることで歯にヒビが入り、割れてしまうことにもつながります。

2.顎の関節が痛む。ダルさを感じる。

咬む力が強すぎることで、顎関節や咀嚼筋(下顎を動かす筋肉)に負荷をかけてしまい、顎の関節が痛んだり、ダルさを感じてしまうことがあります。

3.歯周病が進行する。

歯周病とは、細菌が歯と歯茎の間に入りこみ、繁殖することで炎症を引き起こす感染症ですが、過剰な力が歯にかかるということは、歯周組織や歯茎にも負荷をかけている状態なので、歯周病を悪化させてしまう可能性があります。

4.詰め物が取れる。

強い負荷によって、詰め物が欠けたり取れてしまう可能性もあります。

詰め物がとれてしまうことで、象牙質という歯の組織が露出するので、食べかすなどが溜まりやすくなってしまい、むし歯を引き起こすリスクがあります。

マウスピースは歯医者さんで

歯型にあったナイトガードを

歯の噛み合わせは、とても繊細です。少しズレるだけで歯や顎にかける負担は大きく変わってきます。そのため、ナイトガード一つをとっても、ご自身にピッタリ合うものか、そうでないものかによって、歯や体に与える影響は大きく異なります。

ネットショップなどで手に入るセルフタイプのマウスピースは、ご自身で調整していただく必要があり、それが適切かどうか判断するのは難しいかと思います。

当法人(アップル歯科クリニックグループ)には3つのラボ(歯科技工所)を有しており、あなたの歯型からあなたにピッタリのナイトガードをお作り致します。

歯ぎしりや食いしばりを感じている方、ストレスを感じている方など、ナイトガードの作成はお気軽にご相談下さい。

咬み合わせ治療のQ&A

咬み合わせ治療のQ&A

Q.良くない咬み合わせってどんな状態?
A.咬み合わせが良くないことを「不正咬合」と言います。不正咬合にはいくつかの分類があり、皆さんがよく耳にするであろう「出っ歯(上顎前突)」、「受け口(下顎前突)」などもその一つです。それに対して、良い咬み合わせとは、上下の歯が均等に噛み合っている状態です。上あごの第一小臼歯の1本に対して、下あごの第一小臼歯と第二小臼歯の2本で噛みあっている「1歯対2歯」と言われる状態が理想的です。咬み合わせが良いと、上下の歯が噛んだときに生じる力が分散されるので、歯や歯茎への負担が軽く済みます。
Q.寝ているときに歯ぎしりをしていると指摘されたのですが、放っておいても問題はないでしょうか?
A.歯ぎしりをする頻度が高いと、歯が徐々にすり減ってしまい、平な状態に近づいてしまいます。歯が平らになると、噛み合わせが不安定な状態になり、顎にズレが生じる原因となる可能性があります。そして、そのまますり減りが続くと、露髄といって、神経が見えてきてしまいます。こうなるとしみや痛みを憶え、日常生活にも支障を来たし、歯の神経を取る処置が必要になることもあります。
Q.歯ぎしりを治す方法はないのですか?
A.残念ながら、歯ぎしりそのものを治す方法は現時点でございません。そもそも、歯ぎしりとはストレスや咬み合わせの悪さなど、様々な要因から起因して、無意識に行ってしまうものです。そのため、その要因を取り除かなければ、歯ぎしりは治りません。現在できることといえば、睡眠中にナイトガード(マウスピース)を装着することによって、無意識の状態であっても上下の歯が接触することを防ぎ、ダメージを緩和する対処療法です。歯を守りながら、歯科治療やストレスを緩和等を行うことで、歯ぎしりが改善することはあると思います。
Q.歯ぎしりは歯に悪影響を与えるのでしょうか?
A.歯ぎしり・食いしばりが何度も続くと、当然、歯がすり減って、歯にヒビが入ってしまったり、割れてしまうこともあります。また、歯だけでなく、歯茎や歯を支えている顎の骨(歯槽骨)にもダメージが蓄積されてしまいます。このように、歯ぎしりや食いしばりは、単に「音が不快。うるさい。」というだけでは済まないのです。ご家族などに指摘されたことがある方はお気軽にご相談ください。
Q.咬み合わせの悪さは肩こりなどに影響するのでしょうか?
A.顎の筋肉は、首や肩などと繋がっているため、顎の咬み合わせが悪いことが影響して、肩こりだけでなく頭痛などを引き起こす可能性があります。ただし、噛み合わせや咬み合わせだけが原因とは限りませんので、治療したからといって、必ずしも肩こりや頭痛が改善されるというわけではございません。

※1)正常レベルを逸脱したbruxism(図42),顎関節症に近似する臨床症状,咀嚼筋の緊張,心拍数の増加,睡眠時無呼吸の頻発,情動ストレス,睡眠障害などの 状態は,口内装置により咬合接触を解放すると,いずれも順次軽減して2週間後には正常レベルに回復または回復する傾向が認められた.また,筆者ら128~130)の別のタイプの 口内装置に関する研究でも,自律神経系の機能についてはほぼ同様な結果が得られている.これらの結果は,前述の 咬合問題が生体に及ぼす影響に関する結果を臨床的に十分支持できるものと考えられる.

Q.咬み合わせと噛み合わせはどう違うのでしょうか?
A.「咬み合わせ」とは顎のズレがないかということを指し、「噛み合わせ」とは歯列、すなわち歯並びのことを指します。つまり、「咬み合わせの悪さ」が「噛み合わせの悪さ」につながります。
この記事の編集・責任者は歯科医師の林大智です。

なんばアップル歯科

  • 〒542-0075 大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

※ただいま新型コロナウイルス対策の一環として、平日木曜日のみ延長診療を20:30(最終予約20:00)まで行なっております。

診療情報

休診日:日曜・祝日

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関のご利用が便利です
  • 南海なんば駅 から徒歩1分。南出口から東へ50m、信号渡って左手のビルの5階。
  • 地下鉄御堂筋線なんば駅 E9番出口から南へ徒歩1分
  • 近鉄大阪難波駅 から徒歩10分
  • 大阪シティバスなんばバス停 から徒歩5分

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科
  • 明石市大久保町高丘3-3-1
  • TEL078-935-4182

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科
  • 兵庫県加古川市平岡町土山909-33
  • TEL078-942-4185

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top