若いのに総入れ歯にする可能性はある?

HOME > なんばwiki歯ディア > 若いのに総入れ歯にする可能性はある?

30〜40代の方でも入れ歯治療は恥ずかしい治療ではありません

若いのに部分入れ歯・総入れ歯になる理由

総入れ歯はお年寄りのものというイメージがあるかもしれませんが、30代、40代前後のお若い方であっても部分入れ歯や総入れ歯にする方はおられ、その人口はおよそ60万人とも言われています。

日本人が歯を失う最大の理由は歯周病です。しかし、歯周病はたいてい50代前後から悪化し、抜歯に至るケースが多く、30代〜40代では抜歯に至るほど歯周病が進行するケースは多くはありません。

中には、進行が早い歯周病の方もおられますが、若い方で歯を失う原因となるのは、虫歯や事故の場合が多いと言えます。

若い方にとって「入れ歯」というのは抵抗感があるようですが、歯が抜けたあとの治療の選択肢は「入れ歯」「インプラント」「ブリッジ」の3つが主となり、歯の抜けた本数や場所によっては、経済的な面を考慮すると入れ歯を選ばざるを得ない場合もあります。

「若くして入れ歯になるのは…」と、無理をしてでもインプラントにするべきか、入れ歯にするべきか、ご相談に来られる方は少なくありません。

30〜40代 多くの歯を失った方からよくある質問

Q.虫歯で多くの歯が根っこだけになり、複数本の抜歯が必要となった
A.選択肢としては、インプラント・ブリッジ・入れ歯の3つとも考えられます。このような状態になる方の多くは「歯科恐怖症」「酸蝕症」「嘔吐反射」など、何らかの理由があって歯科治療ができない場合が多いです。それらの理由や経済状況によって治療法を検討する必要がありますが、これからの長い人生を考えるなら、インプラントやブリッジを併用して全顎的な治療をした方が良い場合があります。
しかし、インプラントを使った全顎的な治療は自由診療となるため、費用は自動車を買えるぐらい高額なものとなります。「食べる・話す」ことを考えれば、「自動車より大切だから」という考え方もありますが、費用的に難しい場合は総入れ歯や部分入れ歯・ブリッジによる治療となります。
Q.事故で多くの歯を失った
A.どの程度の歯を失ったかによりますが、事故による歯の損傷は前歯を中心に失うことが多いです。しかし、自動車事故などの場合は先方の任意保険が使えることも多く、インプラント治療が保険で賄える場合も多くあります。入れ歯による治療が受け入れられない場合は、保険会社と相談の上インプラント治療を検討するのも一つの手段ではあります。
しかし、前歯の場合、骨の状態によってインプラントが困難であったり、前歯のインプラント自体ができない歯科医院もあります。また、事故の程度によっては歯を支える骨まで破損しているケースもありますので、どのような治療が可能になるのかは、検査をしてみなければわからない場合もあります。
Q.重度の歯周病で多くの歯を失った。残った歯もグラグラ。
A.歯周病での多数歯欠損で残っている歯がある場合、インプラント治療をしても歯周病が進行していれば、残りの歯が抜けてしまったり、埋入したインプラントがインプラント周囲炎(インプラントの歯周病)になって脱落してしまう場合もあります。一旦はブリッジ、部分入れ歯等により様子を見て、歯周病の状態に合わせて次の治療を検討するべきかと思います。
最終的に、残った歯がだめになった場合はAll-on-4というインプラントを使った治療や、総入れ歯にするかをご検討して頂くことになると思います。ただし、どちらにしても歯周病を改善するため、歯周病治療を継続して頂く必要はあります。

全部の歯を失ったら、総入れ歯?インプラント?

総入れ歯もインプラントを使った治療も、失った歯を補うという点においては同じ目的で行う治療ですが、治療内容、費用や機能性などは大きく異なります。 総入れ歯とインプラントでは、その特徴や使用感、見た目に関することまですべて異なってきます。

総入れ歯

総入れ歯は、義歯床(ぎししょう)という歯茎を模した樹脂性の土台に、人工歯を並べる治療です。

この義歯床を口の中の粘膜に吸着させることで装着するので、口の中での異物感は強く感じる方も多いのは確かです。

特長は、外科手術を行うことなく、失った歯を補うことができ、保険が適用されるものがあるため費用負担が少なくすみます。

全顎インプラント

インプラントはチタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込み、上部に被せ物をする治療方法です。

大きな特長としては、天然歯に近い咀嚼力を取り戻せることです。

全顎インプラントといっても、すべての歯をインプラントにするものではなく、数本のインプラントブリッジを交えながら片顎12歯による咬み合わせを作ることが多いです。

オールオン4(オールオンフォー)について

All-on-4

4本のインプラント(上顎は6本)の上に12本の人工歯を並べる治療です。

全顎インプラントに比べ短期間で費用を抑えて取り外しの必要がないインプラント治療になります。

決して安価な治療ではありませんが、全顎インプラントに比べて期間や費用は抑えられます。入れ歯よりも咀嚼力を回復することができ、見た目も回復できる治療です。

これに似た治療に「インプラントオーバーデンチャー」という小さなインプラントに人工歯を並べる治療がありますが、固定する強度や咀嚼力はAll-on-4に比べて構造的に劣ります。

オールオン4(オールオンフォー)について

総入れ歯にも種類があります(保険・自由診療)

総入れ歯には公的保険が適用される入れ歯と、見た目や使用感を考慮した自由診療の精密な入れ歯があります。また、精密な入れ歯の中にも金属で強化したものや、審美性が高いもの・吸着力が高いものなど、様々な種類のものがあります。どんな入れ歯を選択するかによって使用感や費用は大きく変わります。

  保険
食事 床に厚みがあるため、食べ物の温度がわかりにくい傾向があります
見た目 厚みの影響で顔貌に変化があることがあります
費用 8,000〜20,000円前後
  自由診療
食事 床の部分を薄く作れますし、熱伝導に優れた素材もあります
見た目 薄く作れるので顔貌に影響がでにくい方が多いです
費用 260,000〜600,000円前後
総入れ歯の種類と費用

保険診療の総入れ歯の特徴

保険診療で作る入れ歯の歯肉を模した部分は、レジンというプラスチック樹脂でできています。 費用を抑えることができますが、吸水性があるため汚れや臭いが付着しやすいデメリットがあります。

保険の入れ歯は素材や製作工程がある程度決まっているため、よく聞く「目立たない入れ歯」や、「しっかり噛める入れ歯」などは自由診療の入れ歯であることがほとんどです。

保険の入れ歯は治療期間が短く、全顎的な治療の中では最も手軽にできるというメリットの反面、経年とともに歯茎は痩せてしまうため、合わなくなったり破損しやすいというデメリットもあります。入れ歯にする場合でも、ご自身にあった入れ歯を検討するなら、自由診療の精密入れ歯も選択肢として検討してみてはいかがでしょうか?

自由診療の総入れ歯

自由診療なので材料や治療法に制限がなくなり、自由度が上がります。 例えば、金属製の場合は熱伝導に優れているので食事が美味しく感じたり、シリコン製はフィット感に優れていて見た目も自然であったりと、選択肢が増えます。

保険による負担軽減がないため費用は高くなりますが、審美性や機能性、耐久性において質が高く、より精密で患者様の要望に応じた入れ歯を作ることが可能です。また、人工歯の部分も色や形の選択肢が多いことも特長の1つです。

総入れ歯の種類と特徴

総入れ歯からインプラントにやりかえることはできる?

総入れ歯からインプラントへの変更は可能です

既に総入れ歯にされている方であっても、インプラント治療へやり変えることは可能です。 ただし、インプラントを埋入するには顎の骨に十分な厚みが必要ですので、骨の量が少ない方は骨を増やす手術が必要になることもあります。

また、入れ歯による期間が長かったり、歯周病を長期間患った場合などは、「骨が吸収される」という現象が起きます。骨が吸収されるとインプラントを行う十分な骨量が得られず、骨造成が必要になったり、場合によってはインプラント治療ができなくなる場合もあります。

しかし、All-on-4であれば多少骨が痩せている場合も適応される範囲が広く、入れ歯からAll-on-4にやりかえられる方は少なくありません。

若い方こそ歯が抜けたあとの治療を

総入れ歯でお悩みの方は歯科でご相談ください

国内において、総入れ歯にしている方の割合は、50代半ばから増える傾向があるという調査結果があります(※1)。 しかし、調査結果を見ても分かる通り、少ない割合ではありますが30代、40代の若い方であっても歯をほとんど失ってしまい、総入れ歯にする方はおられます。

とはいえ、ある日突然、歯科医師から総入れ歯を提案されたとしてもすぐに受け入れられるものではありません。

「まだ若いのにどうして自分が・・総入れ歯なんて考えられない・・」とお悩みの方がおられますが、年齢を問わず、虫歯や歯周病、何らかのアクシデントで歯を失う可能性はあります。

近年では咀嚼力の低下と認知症の関わりについても研究が進んでおり、義歯を入れることは認知症の予防に有用な可能性があるということがわかってきています(※2)。多くの歯、ほとんどの歯を失って治療にお悩みなら、まずはご相談にお越し下さい。

※1)図3: 義歯を使用している人の割合

※2)使用可能な義歯装着は認知症の予防に有用となる可能性がある

この記事の編集・責任者は歯科医師の林大智です。
DR林
タグ: , , ,

若いのに総入れ歯にする可能性はある? | 公開日: 2022/06/16 | 更新日: 2022/07/26 | by なんばアップル歯科

このページの関連記事

難波駅近くの歯医者
なんばアップル歯科

  • 〒542-0075 大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • お支払いには各種クレジットカード・電子マネーが利用出来ます。
曜日
診療開始 11:00 11:00 9:30 11:00 11:00 9:30
診療終了 20:00 20:00 13:00 20:00 20:00 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関のご利用が便利です
  • 南海なんば駅 から徒歩1分。南出口から東へ50m、信号渡って左手のビルの5階。
  • 地下鉄御堂筋線なんば駅 E9番出口から南へ徒歩1分
  • 近鉄大阪難波駅 から徒歩10分
  • 大阪シティバスなんばバス停 から徒歩5分

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

大阪市中央区 難波周辺で歯科をお探しなら

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

大阪市北区 梅田周辺で歯科をお探しなら

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

兵庫県 尼崎市周辺で歯科をお探しなら

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

兵庫県 神戸市 中央区周辺で歯科をお探しなら

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

兵庫県 明石市周辺で歯科をお探しなら

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科
  • 明石市大久保町高丘3-3-1
  • TEL078-935-4182

兵庫県 加古川市周辺で歯科をお探しなら

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科
  • 兵庫県加古川市平岡町土山909-33
  • TEL078-942-4185

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top